fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 阿久根から帰る途中、串木野の「味工房みその」に寄って、まぐろラーメンを食べた。1度食べて実に美味かったので、その味を同行の親友にも体験してもらいたかった。僕自身串木野まで足を伸ばすことも滅多にないので、その少ない機会にこのラーメンを食べないという選択肢は無かった。

20070812235539.jpg


続きを読む »

 初めてのぼる屋のラーメンを食べた。1947(昭和22)年創業の鹿児島市内でいちばん古いラーメン屋である。木造2階建ての古い建物は、創業時そのままの物と思われる。県外のファンも多い。

20070809190042.jpg

■この店構えにして有名店なり。

 創業者の故・道岡ツナさんが横浜で看護婦をしていたときに、患者だった中国人料理人から、お礼としてスープの作り方を教わった。それをもとに帰郷後、試行錯誤し「のぼる屋」独自のラーメンを完成させた。

20070809190254.jpg

■大きなどんぶりにスープたっぷりの大盛りサイズで出てくる。

 スープは、豚骨が中心で、トリガラや野菜も使い(魚介系も使われていると聞いたことがある)、じっくり炊き出した優しい風味。麺は鹹水を使わない白っぽい太麺。道岡さんが鹹水嫌いで、こういう形になったらしい。太いラーメンというより、細いうどんにモチモチとした食感が加わったという表現のほうが近いかもしれない。その当時の味を、割烹着姿のおばあちゃん達が現在に至るまで、変わらず守り抜いている。メニューはラーメンのみで、1杯千円。この価格もしばしば話題になる。

 僕は、生まれてから19歳までを故郷・鹿児島で過ごしている。その間、何度となく鹿児島のラーメンを食べているわけで、その体験から何となく「鹿児島ラーメン」のイメージが形作られていた。とんこつベースの白濁したスープに白い中太のストレート麺、モヤシ、ネギ、少量のキャベツにチャーシューが2切れ程トッピングされている。僕にとっての鹿児島の平均的かつ懐かしいラーメン像は、そんなところである。
 「のぼる屋」のラーメンは、そういったイメージからはかけ離れている。鹿児島ラーメンのルーツとする見方もあるが、この独特のラーメンは、他店へほとんど影響を与えていないので「ルーツ」とは言えないだろう。それは、前日に初めて食べた昭和25年創業の「こむらさき」にも言えることで、他とは全く違う独自の麺料理という感じだ。
 
 店の雰囲気とラーメンには、何か共通の風情があるように思えた。のぼる屋が創業したのは、僕が生まれる遥か以前の昭和20年代初期。現在とでは、食習慣もかなり異なっている。料理に対して人々が求めるものもかなり違っていたような気がする。60年間も同じ味を守ってきたラーメンを食べながら、戦後間もない鹿児島を想像し、不思議なタイムスリップ感に取り付かれていた。麺もスープも、一口で鮮やかな印象を残すような強烈な個性をアピールしてはこない。あっさり味のスープは、地味でまろやかな中から、じわっと豊かな自然の旨みが伝わってくる。
 決して綺麗とは言えない古い店舗で、メニューは1杯千円のラーメンのみという、商売としてはかなり難しい条件の下で、時代の変化という潮流に呑み込まれることなく人々に支持され続けてきた事実に対して、敬意を払わずにはいられなかった。
 鹿児島ラーメン『豚とろ』のカップ麺が、ローソンから発売になるという記事を書いたものの、うっかりしているうちに発売開始の6月26日を1週間も過ぎている。そのことを思い出して、近所のローソンに行ってきた。入り口をはいると、レジ前に山積みされている光景が目に飛び込んできた。やはり目玉商品と考えているらしい。

 20070704181242.jpg

 発売元エースコック。1個365円。
 その値段から、本物の豚とろチャーシューが入っているのかもと思ったが、予想は半分当たって、液体スープとかやくの他に、もう一つ「レトルト調理品」というパックが入っていた。「半分」当たったと言ったのは、豚とろチャーシューではなく、柔らかく煮込んだチャーシューが入っていたので…。

20070704181252.jpg

 レトルトパックには「フタの上にのせてあたため、お召し上がりの直前に入れてください」と書いてあるのに、カップ側面には、「あらかじめレトルト調理品を袋のままお湯で2分ほど温める」と、違うことが書かれている。僕はカップ側面の方式を採用することにした。

 お湯を注いで待つこと4分。液体スープを入れてかき混ぜたあと、柔らかいチャーシューを乗せて出来上がり。

20070704181310.jpg

 カップ麺としては最高級のノンフライ麺。こってりトンコツ味のスープはカップ麺の域を越えている。塩味が利いていて、個人的にはもう少し控えめのほうが好きだが、それは人によりけりというものだろう。
 365円の「高級カップ麺」。その値段に応えるだけの内容ではある。お薦めできますよ。

 南日本新聞の朝刊経済面に、「鹿児島ラーメン全国に」というタイトルの記事が出ていた。鹿児島県内の若手ラーメン店主3人が、共同メニューを開発し、6月からそれぞれの店で売り出し、客の評判も上々で、博多ラーメンのように全国から客を呼べるブランド商品を目標にしているという。その名も「大人の黒トンコツラーメン」。

※「南日本新聞に掲載された記事」

 よくよく読んでみると、3人のうちの1人は、ミクシィでマイミク登録をしているアイアイラーメンの店主さんではないか! 

 マイミクであるというだけでなく、インターネットでの評判も良いので、以前から行きたいと思っていたのだが、我が家から少し遠く、何となく切っ掛けを掴めずにいた。新聞記事を読んでいるうちに、その新作ラーメンを、是非とも今日食べたくなった。

店の外観

20070616200746.jpg

エネルギッシュなデザインで、新メニューをでっかく宣伝してある 

店内の様子
20070616200814.jpg

 画面右隅に「麺の湯切りをする時のかけ声 せぇ~のっ!! ホイッ、ホイッ、ホイッ!! みなさんもご一緒に」と書いた布が下がっているが、厨房スタッフが実際に声を合わせて「ホイッ、ホイッ」とやっているいる。活気があって楽しい。

カウンターに置いてあるメニュー
20070616200832.jpg

ご覧のように、元気な筆跡で「おいどんがしょうゆ」「おごじょの潮」その他、工夫を凝らした名前が並んでいる。

 お目当ての「大人の黒トンコツ」は、夜のみの限定メニューで、ちょっとがっかりしたが、HPのトップに紹介してある「薩摩おごじょラーメン」を食べてみることにした。
20070616200856.jpg

 薩摩地鶏をベースに天然ミネラルたっぷりの沖縄産の塩で仕上げたスープと、ちょっともちもちしたのオリジナルの細麺が特徴の塩ラーメン。あっさりとしてコクがあるのが売り。
 鹿児島の人は柔らかめの麺が好きなのだが、県外客にはそれが「麺が伸びている」と感じられ不評を買うこともあるのだが、その店ここの麺は、県内外の客に受け入れられそう。
 「おごじょ」とは、鹿児島弁で「女性」の意。店のHPによると「優しさの中に芯のある、しっかりした鹿児島の女性。そんなイメージで、ラーメンを作りました」
 なるほどね! ミネラルたっぷりの体に優しいスープと、柔らかすぎないしっかりとした麺。そういう意味合いがあったのか!
 
 うっかり胡椒を振り過ぎてしまい、微妙なバランスを崩したかもしれない。あっさりとした塩味とちょっとピリッとした辛味を感じたのだが、それがスープの味なのか胡椒によるものなのか分からないという始末。僕は、辛味は好きなのでちょうど良かったのだが…。
 そこで、あるサイトに書かれていた感想を紹介させていただくことにする。

  *** *** *** *** *** ***

 麺はオリジナルの中細麺、スープは名古屋コーチンと魚系ダシを使った地鶏ベースであっさり透きとおったスープです。とろろ昆布まで入って、和風です。
 一口食べた瞬間「ん~まろやか、これは旨い!」。玉子の黄身がとろっとしてこれもまたいい味出してます。
 こんなに美味しい塩ラーメンが鹿児島にあったのかというのが実感です。

  *** *** *** *** *** ***

 おいしかったので、スープ飲み干しました。
20070616200917.jpg

 スープが無くなると、下からこんな文字が出てきます。


 昼間食べられなかった「大人の黒トンコツ」。これをどうしても食べたくて、夕方再び新栄町へ。同じラーメン屋に1日2回行くのは、生まれて初めてだ。夜の部のスタート時刻6時きっかりに間に合うように30分以上前に家を出た。

 そしてようやく出会えたこのラーメン。
20070616200942.jpg

 豚のスネを長時間煮込んで仕上げたというスープは、こってりしているがしつこくなくコクがあってまろやか。最初に口にした瞬間、美味いと思った。そして、その印象は最後まで変わらず。
 20070616210403.jpg

 最後の一滴まで飲み干した!
 少し前、鹿児島ラーメン『くろいわ』のカップ麺がファミリーマートから発売されたが、今度は、ローソンから、『鹿児島ラーメンラ豚とろ』のカップ麺が発売されるらしい。

 鹿児島に帰ってきてから、人気店のラーメンを食べるのが楽しみの1つになっている。

 長野にいた頃は、『くろいわ』『こむらさき』ぐらいしか知らなかったが、ラーメンのガイドブックを入手したり、Webサイトを覗いたりしているうちに店の名前をずいぶん覚えた。これまでに訪れた店も20軒ぐらいになる。

 天文館にある『鹿児島ラーメン豚とろ』にも行った。夜遅く、確か11時半ごろ行ったのに店は満席で、店の隅っこでしばらく待った。
「豚とろ」という首回りの部位を使ったチャーシューは、とろけるような柔らかい食感が特徴。中太麺との濃厚なトンコツスープの組み合わせが美味かった。

 今度発売されるカップ麺は1個365円と、カップ麺としては高い。オリジナルが550円なので、かなり割高感があるが、もしかすると本物の豚とろチャーシューを使うのだろうか?
 発売日は6月26日。

 この『豚とろラーメン』、鹿児島に住んでいなくても通販で入手できる。『豚とろ』の他に、『味工房みその』の「まぐろラーメン」、『三平ラーメン』の「黒味噌ラーメン」という人気3メニューのセットになっている。
 『みその』のまぐろラーメンも、串木野まで食べに行ったが、これも美味かった。カツオと昆布のダシを加えたスープはあっさりとして上品な味。「魚のスープって、生臭くない?」と訊かれることが多いが、そんなことは全くない。最高ランクの味だった。
 『三平』は、以前から噂は聞いていて、一度行ってみたのだが、待ち客の多さに気圧されて、その日は諦めてしまった。

【楽天】
■鹿児島ラーメン繁盛店新御三家セット(豚とろ・まぐろ・黒味噌)6食入

 
※続報 ⇒ 『豚とろ』カップ麺を食べた!

 参加中のランキングです。ご協力よろしくお願いします。
   ↓
FC2 Blog Ranking
20070506170154.gif


鹿児島ブログナビ
鹿児島ブログナビ

Powered by FC2 Blog