1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 コンビ二の店員とか、ガソリンスタンドのお兄ちゃんとか、病院の窓口の事務員とか、飲み屋のお姉ちゃんとか・・・、

 そういう自分にとって近くも遠くもない人たちと、お友達みたいに言葉を交わすのが好きなわけね。

 マジック(手品)というアイテムは、そんなお付き合いには、絶大な効果を発揮する。


 スタンドで車の窓を拭いてもらった後とか、

 コンビ二で食べ物を温めてもらってるときとか、

 「ありがとう、マジックするから、ちょっと見て」

 って、数秒で演技可能なやつを見てもらうのね。

 反応は様々なんだけど、概ね良好。

 だから、友達みたいになれるんだけど、


 そんな中でも、僕にとって、えらく目立つ行動をとる娘がいて、


 この記事のタイトルそのまんま、妙に気になっている。


 コンビ二の店員なんだけど・・・、



 ある日、

 のんびりと商品を選んでいると、いきなり横から声が聞こえてきた 。

 「こんにちは」

 驚いて振り返ると、その娘が満面の笑顔。



 あるとき、レジで順番待ちをしていると、

 その娘はカウンターにはいなくて、売り場で商品整理をしてたみたいなんだけど、

 さっとレジ裏にやってきて屈みこみ、

 置いてあったダンボール箱かなんかを開けて何かを探し始めた。

 で、突然手を止めて、瞬間こちらを振り返って、

 手を振りながら笑顔を送ってきた。

 こんなの、可愛過ぎて、心をくすぐり過ぎ。


 そんな感じのアクションが、それ以外にも度重なってるの。


 そんな行動を見せる娘なんて、これまで皆無だったわけで・・・


 えっと、その娘・・・、どんな娘かっていうと、スレンダーで色白で、目元が可愛くて、僕にとって好感度が高い。

 でも、ここが重要なんだけど、歳は親子以上に離れてる(笑)。

 たぶん、二十歳そこそこ。


 今、改めて考えてみると、

 僕のほうから「可愛い我が娘」に送るような、親愛メッセージを無意識に送っていたのかも知れない。


 正直なところ、あの「一種の好意」を感じ取れる行動を、恋愛感情に基づいたものだと、自分にとって都合よく解釈したくもなるけど・・・

 そんなこと あるわけないよね。

 もし、そうだとしたら 、

 あんなに奔放に振舞うわけないって(笑)


 たぶん、僕をお父さんのようななんでも受け止めてくれる、包容力のある存在と勘違いして、安心しきってるんだと思う。

 

 で、その後、元日、つまり昨日だね。


 その娘がカウンターにいた。


 「久しぶりですね」

 「いつもそうだよね」

 コンビ二には、そんなに頻繁に行かないのだ。


 温めを待ってる間、

 「ちょっと見てて」

 って、マジックを見せると 、

 「え? もっかい見せてください」

 「ええ? もう一回?」

 で、タネが見えないように用心しながら、よりオーバーアクションで再演。

 「わあ、すごい! また見せてくださいね。楽しみにしてます」

 って、可愛い目で微笑んでくる。
 
 こういう プラスのリアクションの大きい娘って、

 たぶん、僕だけじゃなくて、まわりにとっても、幸福なエッセンスになってるよね。

 

スポンサーサイト
ティッシュの残が少なくなったので、補充しなきゃと思いながら家を出た。

 スーパーに行く途中でスタンドに寄り燃料を入れた。

 「ポイントがたまってましたので」

 と言いながら、店員さんがティッシュ5箱を持ってきた。

 大したことでもないけど、クリスマスにこういう偶然って、なんだか楽しい。

体重増減

 5月23日、母が肺炎で入院して、急に時間が出来た。
 
 退院するまでの束の間の自由だと思い、翌日からラーメンの食べ歩きを開始。

 以後6月22日までの1ヶ月で、23店のラーメン屋を訪れ、計30食を食べた。

 平均すると1日1食だが、毎日食べたわけではない。1日2食という日があったり、ひどいときには、昼食・間食・夕食と、午後だけで3杯食べた。

 無茶である。

 その後1ヶ月の間に、体重が57Kgから3Kg増えて60Kgになった。

 80Kgの人が3Kg増えたのとは訳が違う。

 全体重の5%強が一気に増えたことになる。腹周りが重苦しくなってもいた。
 
 こりゃちょっとマズい…。

 いろんな意味で、これはいかんぞ。
 

 そう思ったので、早速減量に取り掛かった。

 ドラッグイレブンでダイエット補助食品を購入し、1食置き換えダイエットに挑戦した。1日に必要な栄養の3分の1を154kcalという低カロリーで摂取できるというもの。

 満腹感が得られると謳ってはいるが、しっかりとした食事に比べるとやはり物足りない。

 だが、3日もするとそれにも慣れてくる。

 慣れてくると、するすると体重が落ち始め、1ヶ月もすると55Kgまで落ちた。

 3Kg増えた後の5Kg減。元の体重より2Kg軽くなったことになる。

 体重が落ち始めると、減量が面白くなってくる。


 これを機会に理想体重にまで落としてみようか…。

 などと思っていたのに…、

 前の日記に書いた高校の同期生との宴で、ビール、焼き鳥、焼酎、そして「締めのラーメン」までと、久々にしっかりと食べまくったら1夜にして1Kgリバウンド。

 この1Kgがなかなかの曲者だった。

 翌日からまた減量生活に戻したのに、その後1週間は変化がなかった。

 あの「面白いように体重が落ちていった」のとは、明らかに効果は違っていた。

 減り始めていた体重が、たとえ1Kgでもリバウンドしてしまうと、どうやら体が痩せることに抵抗してしまうようだ。

 それでも、ねばっていると、ここにきてまた体重が落ち始めた。

 お腹が完全にスッキリするまで頑張ってみようかな…。たぶん、あと2~3Kgね。

 ところで、20歳の頃は今より8Kgも軽い47Kgだった。だけどその頃は今とは筋肉の付き方が全然違い、やせ細ってガリガリだった。

 今後は病気でもしない限り、そこまで軽くなることはないだろう。53Kgぐらいがベストかな…。

 さて5から6月にかけて、3Kg太ってまで食べまくったラーメン。そのうち13店は初訪問だったわけで、次の日記ではその中で気に入ったラーメンを紹介してみましょうかねぇ。
 天文館某所で待ち合わせて、高校の同期生S君・K君と久々に会った。

 S君とは、鹿児島にUターンした頃連絡を取り、以後数回会っている。

 Uターン直後にS君と再会したときは、20年を経て互いに変貌していたため、ぱっと見で相手を判断できず、何度もすれ違い、待ち合わせ地点付近をしばらく右往左往して、ようやく互いを確認できた。大笑である。

 今回は、このS君に間を取り持ってもらって、現在歯科技工士をしているK君と30年振りに会うわけで、記憶の中にある彼の姿は20代の若者のままで留まっている。還暦近くなった今、どんな姿になっているのか…。

 そんなことを思いつつ、約束の夕方6時より5分ほど前に待ち合わせ場所に到着した。辺りをキョロキョロしてみると、人待ちらしき人が何人かいて、その中には、どことなくK君に似た感じの人もいたので、声をかけてみようかとも思ったが、

 「待てよ」

 一瞬思いとどまった。

 真っ黒に日焼けした若者っぽいファッションに身を包んだ彼は、30代後半くらいだ。これはどう考えても他人のそら似。

 鹿児島の青い空から降り注ぐ紫外線と猛烈な暑さを避け、空調の効いたビルの中にはいり、玄関のガラス越しに外の様子を見ながら、6時を待つことにした。

 約束の時間を3分過ぎた頃、S君の携帯を鳴らしてみると、電話に出た直後にビルの中に入ってきた。続いて現れたのは、なんとさっき見かけた若者! 

 10年前にS君を見紛ったのは、肥大化して想像以上にオッサンになっていたためだったのだが、K君の場合は、その真逆!
 いやぁ…、まぁ見た目だけのことではありますが、いろんな年のとりかたがあるもんですねぇ(笑)

 相手をすぐに認識できなかったのはお互い様で、僕もそれなりに変貌しているからなのだが、これは僕の目線で書いているので、その点については、棚に上げておきます。 

 この夜は、まずS君行きつけの居酒屋『分家無邪気』に行き、ビールと焼き鳥を楽しんだ。
 この『分家無邪気』、天文館の北エリアにある店だが、白熊で有名な『天文館むじゃき』の「分家」なのかと思いきや、ルーツは全く別。
 ※(「分家無邪気」と「天文館むじゃき」)で検索すると、そのあたりの事情が詳しくわかります。


 その次に足を運んだのが、僕がリピートしている『ジパング』っていう三姉妹で運営しているお店。
 パブなのかな? ラウンジとかスナックとかいろんな呼称があるけど、検索してみても、どうも定義が曖昧みたい。
 この店を気に入っている理由は、雰囲気が良くて、いつも気楽に楽しく過ごせること。女性として三人三様の魅力があり、そこに加えて下の二人は大のお喋り好きで、こちらを退屈させない。褒め上手なので、行く度に良い気分にさせられる。
 入口から入ってくるお客を見ていると、皆が一番の得意客みたいな表情で楽しそうに入ってくる。たぶん「大切にされている」っていう思いがあるんだろうね。まだお付き合いの長くない僕にしても、すでにそうだし(笑)

 この夜は、S君もK君も楽しげでした。とくにS君は、ジャズ、ロック、ポップス、国内外、時代を問わず、幅広い音楽事情に精通する「音楽オタク振り」を発揮し、はじけまくってましたねぇ。
 
 

   Zipang ジパング
   鹿児島市山之口町10-8 大和ビル 4F
   電車通りから文化通りを南下し、最初の交差点を右折、そのまま真っ直ぐ進んで左手にあります。

 なかなか発見できなかった場合、お店に電話してみてください。
     099-223-6056



 その後向かったのがラーメン屋『まる錦 桃源』。

 出汁や食材にこだわったバランスの良い味が好きで、個人的には天文館でこれまで食べたベスト3に入る。
 この店と『ふくまん』『元斗好軒』、以上が、現在の同率一位。

 味の好みって時とともに変わるし、未体験のおいしい店も随時加わってくるわけで、「天文館ラーメンマップ」も次第に塗り替えられて行くんだけどね…。

 で、お腹も満足したあと三人は幸せな気分で解散したのでありました。

 ところで、K君の日焼けと若者のようなファッションの理由は、サーフィンだということがわかった。鹿児島県内や宮崎など、あちこちに出向いているということ。高校時代のおとなしかった彼からは、こういうアウトドアな活動は想像できなかったなぁ。

 旧友のこういう細かい近況を知ることができるのも、故郷に住む良さのひとつだよね。

明晰夢

 2~3週間前のことになるが、久々に明晰夢を体験した。


 「明晰夢」とは、夢のなかで夢と気づいている夢。


 さほど珍しいものではもなく、10人に一人ぐらいはこれを体験しているらしい。


 僕の場合、初体験時がいつだったかはっきり覚えていないのだが、10才前後だったと思う。

 家族とか親戚とかが集まっている場で、

 「これは僕が見ている夢だよ」

 そう言うと、皆が驚いたように振り向き、その瞬間に目覚めた。

 初回は、夢を夢だと気づくことが特別なことに感じられたのだが、その後は、夢だと気づくと、目覚めてしまうのが勿体なくて、好き勝手に遊んでみるようになった。


 空を飛んでみたり、腕を伸ばして鳥や星を掴んでみたりとか、子供っぽい願望を夢のなかで叶えてきた。

 理想の恋人を目の前に出現させようとしたこともあった。


 だが、どういうわけか、これは上手くいかなかった。

 浮き輪を水の中に沈めようとしているかのような奇妙な抵抗感が生じ、綺麗な女の人が、頭のてっぺんから胸のあたりまで、少しずつ現れては消える。

 最初は綺麗だった顔も、求心力を失い福笑いの失敗作みたいな顔に・・・。

 挙句の果てには、彼女の姿全体が風船が破裂するかのように、パチンと姿を消してしまった。

 
 味気なさだけが残った。




 で、最近見た明晰夢。



 僕は車を運転している。


 ワゴン車だ。


 だだっ広い工事現場に、なにかの機材を搬入しようとしている。


 現場に到着して、ハンドルを切りながらバックして駐車。

 車から降りた後、証書にサインをもらうために仮設本部に向かう。


 その後、駐車してある車に戻ろうとするのだが、来た道をたどっても、もとの場所に戻れない。


 ぐるぐる ぐるぐる  


 どの角を まがっても 見知らぬ風景が待ち受けているばかり



 どこに車を停めたのか・・・




 なんだか カフカの『城』みたいな 「暖簾に腕押し」感が延々と続くような、スカスカとした味気ない迷宮感覚。


 いつまでたっても抜け出せない この感じ・・・


 これって、たぶん夢だよな。


 じゃあ、試しに空を飛んでみようか。



 飛べる。


 やっぱ夢なんだこれは


 よかった!


 油断した途端に、竹やぶに激突。


 ガサガサとした感触が生々しい。



 現実世界は、たぶんもう朝だ。


 じゃあ 目覚めなきゃ。




 ん?



 
 でも、どうやったら目覚められるの?



 その方法がわからない。



 起きたいよ!



 でも、どっぷりと夢の中にいる自分。


 現実世界への出口が見つからない。


 眠ってるんだったら、実際の自分は横たわってるはずだ。




 じゃあ、とりあえず 仰向けになってみよう。


 そこから現実世界に繋がるかもしれない。



 あれ?



 床から2本の手が伸びてきた。


 その腕が僕の胸を抱きかかえて・・・、身動きとれない。



 目を覚まさなきゃ・・・


 でも


 床から抱きしめられて




 どうやったら 目覚められるの???



 助けて~!







Powered by FC2 Blog