1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小学校3、4年のとき同級だった男の子で、カラスの声を真似るのが上手い子がいた。口に少量の水を含んで、うがいをしながら声を出すのだが、それがカラスの声によく似ていて、担任の男の先生も感心していた。

 それから何十年も経って、長野県に住んでいたころ、カラスの声が聞こえると、たまにそのことを思い出すことがあった。だが、その男の子の鳴き真似と実際のカラスの声は、どうも似ていないのだ。その子の声は、トレモロがかかったような濁った「ガー」という声で、昔は似ていると思っていたのだが、果たして本当にカラスはそんな鳴き方をするのだろうか?
 そう思うのも一瞬のことで、その疑問にそれ以上拘ることもなく、調べてみたこともなかった。

 4年前に鹿児島に帰ってきて、何十年ぶりかでトレモロのかかったカラスの声を聞いた。実に懐かしく思ったものだが、それでも鳴き声の違いについて、それ以上調べてみようという気にまでは起こらなかった。

 2~3日前、カーラジオのスイッチを入れた途端に、カラスに関する話が聞こえてきて、一瞬にして、その漠たる疑問が晴れた。
「ガー」と濁った鳴き方をするカラスと「カー」と澄んだ声を出すカラスは種類が違うのだ。濁った声で鳴くカラスは、都会では絶滅してしまったとのこと。何となく気なく見ているカラスに複数種があることなど考えたこともなかったので、新鮮にも感じられた。

  「ガー」と鳴くのがハシボソガラスで、「カー」がハシブトガラス。

 音声付きで、詳しい説明が出ているサイトを発見。カラスの仲間は、世界に50種、日本でも、主に5種類が生息しているとのこと。

 知らなかったなぁ!

  http://www7.plala.or.jp/gm2/crow/syurui.htm

 鳴くときの姿勢や、歩き方の違いを、アニメーションで示したサイトもあった。

  http://homepage3.nifty.com/shibalabo/crow/boso/boso.htm

スポンサーサイト
 昨日は、キュウリの水分率について書いた。
  ※こちら⇒ 「キュウリの水分」

 もしかすると、他にもっと意外なデータが得られるのではないかと思い、野菜、果物、嗜好飲料の3分野に絞って、調べてみた。

 すると…。

 思った通り、かなり意外な結果が出てきた。

 昨日の数少ないデータでは、トマトがキュウリの次に位置していたが、ふき、りょくとうもやし、白菜、そして大根までもが、トマトより水分率が高い。
 多くの野菜が、スイカや柑橘類より上位に来るのも意外だ。玉ねぎ、生姜、人参など、多くの水分を含んでいそうにないものまでが、グレープフルーツより上になる。これは、意外というより、どうにも信じ難い。同じく、かぼちゃがレモンより水分率が高いというのも、「まさか?」という感じだ。

 飲料に目を移すと、昨日牛乳に意外と水分が少ないのを意外に感じたが、コーラやワインもそれに近い数値を示す。
 レモンジュースがレモンより水分率が高くなるのは納得できるが、バレンシアオレンジやグレープフルーツは、逆にジュースのほうが、水分率が下がる。これはどうにも理解に苦しむ。

 健康ブームの昨今、ビタミンやミネラルのことは話題になるが、水分率のことはほとんど話題に上がらない。イメージと実測値にかなり食い違いがあることが分かって面白かった。
 ほとんど何の役にも立たないが…。


 ■食品水分率 比較

 ふき 葉柄     95.8%
 キュウリ      95.4%
 りょくとうもやし  95.4%  
 白菜        95.2%

 大根 根茎     94.6%
 トマト       94.0%
 つわぶき 葉柄   93.3%
 なす 果実     93.2%
 キャベツ      92.7%
 ニラ 葉      92.6%
 ほうれんそう 葉  92.4%
 大豆もやし     92.0%
 深ねぎ       91.7%
 生姜 根茎     91.4%
 レモンジュース   90.5%
 うめ 生      90.4%

 玉ねぎ       89.7%
 スイカ       89.6%
 人参 根      89.5%
 グレープフルーツ  89.0%
 もも        88.7%
 バレンシアオレンジ 88.7%
 グレープフルーツジュース 88.7%
 赤ワイン      88.7%
 白ワイン      88.6%
 夏みかん      88.6%
 コーラ       88.5%
 日本なし      88.0%
 バレンシアオレンジジュース 87.8%
 牛乳        87.4%
 温州みかん     86.9%
 日本かぼちゃ    86.7%
 レモン       85.3%

 キウイフルーツ   84.7%
 ぶどう       83.5%

 焼酎乙類      79.5%
 焼酎甲類      71.0%
 ウィスキー     66.6%

キュウリの水分

 最近、あるクイズで、野菜の水分率についての出題があったのだが、トマトよりキュウリの方が水分が多いことを知って、正直意外だった。

 そこで、キュウリの実力(笑)がどの程度のものなのか、「食品成分表」なるものをネットで探し出して比較してみた。
http://fooddb.jp/selectFood/sel_top.pl

 それでまた驚いてしまった。なんと、温州ミカン、レモン、スイカよりも、キュウリのほうが水分が多いのだ。

 さらに笑ってしまったのは、牛乳、白ワイン、バレンシアオレンジジュースも、み~んなキュウリに惨敗なのだ(笑)

 キュウリ恐るべし!

 喉が渇いたときは、オレンジジュースを飲むより、キュウリを齧ったほうが良いということになる。

 ■以下は食品成分表からの抜粋

  キュウリ 95.4%
  トマト  94.0%
  レモン  90.5%
  スイカ  89.6%
  温州みかん 86.9%
  白ワイン  88.6%
  バレンシアオレンジジュース 87.8%
  牛乳  87.4%

 トマトの実力もなかなかのものである。

七夕

 子どものころは、裏庭から切り出してきた竹に、願い事を書いた短冊や、その他の飾り物を作り付けるのを楽しみにしていた。何となく、冬のクリスマスツリーと並ぶ夏の飾り付け、といった実に大雑把な対比が頭の中に出来上がっていたように思う。

 織姫とひこ星が、1年に1度だけデートできる夜に、どういうわけかは知らないが、「星に願いを…」というわけで、本気で適うと思っていたわけではないが、あれこれと願い事を書いたものだ。

 ところで、「七夕」と書いて「たなばた」。なぜこう読むのか、子どもの頃は、それなりに不思議に思ったが、深く追求することもなく、そのまんま現在に至っている。
 インターネットの普及で、百科辞典が無くても、図書館に行かなくても簡単に調べが付くようになった。便利な世の中である。本日、大体次のようなことが分かった。

 七夕は、1月7日・3月3日・5月5日・9月9日とならぶ五節句のひとつで、「シチセキ」と呼ばれる奈良時代から行われている宮中行事だった。この行事には日本と中国の2つの起源がある。

 中国に乞巧奠(きっこうでん)という宮廷行事があった。乞巧奠とは、手芸が上手になることを願って、7月7日の夜にそなえ物をする祭。「織女と牽牛が、1年に一度この日に会える」という物語にちなんで、同時に星祭もする。 この物語に似た話は中国以外にも、東南アジアから朝鮮半島にまで広く伝わっている。

 日本には古来より7月7日の夜、人里離れた水辺につくられた棚で、乙女が機(はた)を織り、神を迎えて禊(みそぎ)を行う信仰行事があった。この乙女を「棚機(たなばた)つ女(め)」と言い、これが天平年間に中国から伝わった織女伝説と結びついて、今日の七夕の風習ができたのではないかといわれている。
 
 短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本独自のもの。発生は、ご存知、東北三大祭で知られる仙台。
 古くから干ばつや冷害などによる飢饉が多発していたため、天災を祓う目的で紙を合わせた短冊に祈りを捧げたのが始まりといわれる。
 伊達政宗公が婦女に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため、藩政時代から武家・町人ともに各戸の軒先に笹飾りを出していた。明治・大正期にも細々と続けられ、それを継承して1927年に商店街で大規模に飾りつけたのが現在に続く仙台七夕。
 これを習って、戦後、疲弊した地域を活性化する目的で各地に広まり、現在に至った。

 という事らしいよ。
 2~3日前のラジオ番組で、こんなことを言っていた。

 「嫉妬心の裏には浮気願望が隠れている」
 
 一見矛盾しているようにも思える。相手一筋だからこそ、独り占めにしたくて、ちょっとしたことでも嫉妬してしまうのではないのか?

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。