fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 ビリー・ジョエルは、ソロ・シンガーとしてデビューする前、Attilaというハード・ロック・バンドを結成している。メンバーは、ヴォーカル&オルガンのビリーとドラムのジョン・スモールの2人という極限的最小ユニット。オルガンにディストーションをかけ、ギターライクなサウンドに仕上げていた。

 1970年に、1stアルバム“Attila”をEpicからリリースしている。日本ではCBSソニーから発売され、ポップ誌『ミュージック・ライフ』の広告ページで小さく紹介されていたのを見て、その存在を知った。雑誌に掲載されたのは、その広告のみで、アルバムについてもバンドについてもレビューは無し。つまり、完全に無視されていたと思う。

 アルバム“Attila”を初めて耳にしたとき、かなり興奮したような記憶が残っている。中学3年生だった。ハード・ロック、そしてキーボードに目覚めた頃で、ギターに対しては敵愾心と憧れの入り混じった複雑な気持ちを抱いていたので、オルガンでもギターみたいなサウンドが出せ、華麗なテクニックを見せ付けることが可能だということを実際に示してくれただけで、快感を覚えた。

 その後、ハード・ロックからプログレッシヴ・ロックへ、そしてクラシック近代、現代音楽へと興味が移り、音大入学を目指して受験浪人していた19歳の頃(1975年)、“Attila”への興味も完全に失せアルバムを売り払ってしまった。

 その2年後、ビリーは『ストレンジャー』のヒットで広く名前を知られるようになる。アルバムを手放したことを後悔した。Attilaのアルバムは復刻されず、現在でも入手困難となっている。ブートレッグで入手できるという話も聞いたことがあったが、常に情報収集するほどの熱意までは持ち合わせていなかった。

 アルバム“Attila”を手放してから約30年。その中の4曲を視聴できるサイトを見つけた。
こちらをクリックすると、そのサイトが開きます

 不思議と懐かしさは余り感じなかった。中学生だったころの感じ方と現在では、大きく変化してしまっている。その後の成功のことも知ってしまった後では、「ハード・ロックには向かない声で、無理して歌っている」という受け止め方しかできなかった。ギターみたいな音も、せっかくハモンド・オルガンを使用していながら勿体無いとしか思えない。

 やっぱり、ビリー・ジョエルは、その後のスタイルが似合う。Attilaがなまじ中途半端な成功などしなくて良かったと思う。
こちらをクリックすると、YouTubeの動画を見ることができます。

 Bryan Adams,Rod stewart&Sting

 こんなセッション、あったんだなぁ…。
 
 ドキュメンタリー・タッチの編集が魅力。ファースト・フレーズは、たぶんリハーサル映像と差し替えられている。初めて見たときは、いつ曲が始まったのか判らなかった。

 3人が実に楽しそうに歌っている姿が印象的。


 面白いバンドだった。
 同時期のドアーズ、ローリング・ストーンズ、そしてビートルズの演奏と比べてみても、その時点での先進性がはっきり見て取れる。
 即興演奏を大幅に取り入れ、演奏力を前面に打ち出し、クリームは史上最高のロック・トリオと称され、エリック・クラプトンは、若者たちから「ギターの神様」と崇められるようになる。

■ドアーズ「ハートに火をつけて」


■ローリング・ストーンズ「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」


■ビートルズ「レヴォリューション」


■クリーム「クロスロード」

 ここにいらっしゃった方で、末原康志、鮫島秀樹という名前を見てピンとくる人、どのくらいいらっしゃるかなぁ? 

 現時点でピンとこない人も、今後は是非記憶しておいてください。絶対損はありません。一流のロック・ミュージシャンです。

 名前から直思い浮かばなくても、ツイスト、ハウンド・ドッグにいたベーシスト、ケミストリー、川村隆一、木根尚登、SMAPなどのレコーディングに参加したギタリストという説明を加えると、俄然間口が広がることでしょう。

 この2人、実は、中高生時代に一緒にバンド活動をしていた友人なんです。それに比べて、めどうは今何をしているの? と問われるとちょっと苦しいものがありますが、ちょっと時間を遡ると、長野オリンピックのフラワー・セレモニーの音楽を作曲したという瞬間的な経歴な持ち主でもあります。それはまあ、これからお知らせする内容とは全く関係ありませんが…
 
 来る7月23日、先に名前をあげた2人が、縁のある鹿児島で、それぞれのバンドを率いてジョイント・コンサートを開くのです。昨年第1回が行われた“Native Rocks in Kagoshima”の第2回目。昨年の第も凄かったですが、今回鮫島君の The Sons は、ゲストに元チェッカーズの藤井尚之氏を招き、昨年はリズム対無しの3人でのセッションだった末原君は、ベースとドラムを加え、自身のバンド Spin+実力派女性シンガーのMisumiさんという顔ぶれになる。ロックに興味の無い人でも、その技量とエモーションにぶったまげ感動してしまうことでしょう。

 そして今年のオープニング・アクトは、メジャー・デビューを果たした鹿児島の若手人気バンド天玄(てんもと)です。

 詳細はこちらからご覧になれます
 クロノス・カルテット(Kronos Quartet)アメリカ合衆国の弦楽四重奏団。1973年にヴァイオリニストのデイヴィッド・ハリントンによって結成され、1978年より現在までサンフランシスコを拠点に活動を続けている。現代音楽を専門とし、長い時間に次々と新作の委嘱を重ねてきた。実際にクロノス・クァルテットのために書き下ろされた作品は、600曲を下らない。

 彼らのCDを2枚持っているが、その中1枚にロック・ギタリストジミ・ヘンドリックスのナンバー「紫の煙(Purple Haze)」をアレンジしたものも収められている。ふと思いついてYouTubeで探してみたら、意外にもアップされていた。
 曲の頭と最後が少し切れているのが残念だが、ほぼ1曲丸ごと聴ける。



こちらはオリジナル・ヴァージョン

Powered by FC2 Blog