fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


光のピアノ

20060928061041.jpg

 クラシック音楽に少し詳しい方なら、スクリャービンがイメージした「色光ピアノ」についてご存知かと思う。ピアノの鍵盤操作に反応して、光の色や濃さが変化するという、スクリャービンの頭の中だけに存在した楽器。
 彼は、それを想像するだけでなく、自らの作品の中に、使用楽器として指定しているのである。交響曲第5番「プロメテウス」がそれ。

 ところが、この作品が初演された1911年に、そんな仕掛けを実現させる技術が存在するわけがない。というわけで、初演以来「完全版」として演奏されることはなかったのだが、現代のハイテク技術を駆使して、今年2月、アシュケナージ指揮NHK交響楽団がそれを実現させてしまった。
  ↓
http://classic-japan.cocolog-nifty.com/sokuhyo/2006/02/post_4bf1.html


 その話と対比させるには、まだちょっと可愛過ぎる話なのだが、鍵盤に反応して光が発せられるのでなく、ちょうどその逆のような発想、光によって投影されたピアノの鍵盤で音をコントロールさせるという装置が考案され、販売されることになったらしい。

 本体のサイズは、高さ約10センチ、幅約3センチ、奥行き約2センチ、重さ約100グラムとポケットサイズで携帯電話より小型軽量。確実に、過去存在したあらゆるピアノの中で最小。なにしろポケットに入ってしまうのである。

 机上などに置き、レーザー光線で2オクターブ計25本の赤色の鍵盤を映し出す。さらに赤外線センサーで指の動きを感知し、内蔵スピーカーから音を出す仕組み。市販の電子ピアノ並みの音源を使い、指の動く速さを感じ取って音の強弱を表現する。

 今の段階では、おもちゃに過ぎないが、ちゃんと強弱まで出るのが面白い。でも、凹凸の無い平面の上で弾くなんて、えらく大変そうである。

 この装置、今後何らかの形で発展してゆくのだろうか? それとも瞬間的に消えてしまうのかな?

http://www.sanspo.com/sokuho/0822sokuho010.html

おんぶ記号

 知っている人には当たり前過ぎる話。「おんぶ記号」と言っても、「だっこ記号」と対になる記号のことではない。音部記号である。とまあ、のっけからつまらんオヤジギャグになってしまった。すみません。

 小学校の音楽の時間に、ト音記号&ヘ音記号という2つの音部記号を習う。記号の書き方と、この記号で表される譜表の読み方を教わるが、なぜこの2つの記号を「ト音記号」「ヘ音記号」と呼ぶのかは、意外と知らないままに大人になっている人が多いのではないだろうか? 僕にしても、高校卒業後、専門教育の場で初めてそれを知った(ただし、知っていても特に何の役に立つわけでもないので、典型的な無駄知識と言えるかも知れない)。

 「ト音」「ヘ音」をそれぞれ英語で表すと、「G」と「F」になる。この2つのアルファベットの飾り文字から、あのくるくるっと丸い音部記号が出来た。「G」から何であの形が?と思われるかも知れない。小文字の「g」の変形であると言えば、納得してもらえるだろう。
 ヘ音記号は、「F」の左側の縦線がくるりとまるまって、2本の横線が2つの「・」へと化けた。ト音(G)とヘ音(F)を示す記号だから、「ト音記号(G clef)」「ヘ音記号(F clef)」というわけだ。

 2つの記号の形を思い浮かべて欲しい。ト音記号は、トの音、つまりイタリア音名で「ソ」の音を中心に巻いているし、上端はその1オクターヴ上の「ソ」の音の位置まで突き出ている。ヘ音記号の2つの点はへの音、イタリア音名で「ファ」の音を挟んでいる。
 そういうわけだから、それぞれ上下の位置は正確に書かなければならない。実際、ヘ音記号が、下に3度ずれた「バリトン記号」なんてのも存在するので、要注意である。

 記号の元がアルファベットであるという話をしたついでに、「アルファベット」の語源について。
これは英語のアルファベットの元になったギリシャ文字の最初の2文字「α(アルファ)」と「β(ベータ)」を並べたものが語源。つまり「いろは」という呼び方と全く一緒なのだ。


Powered by FC2 Blog