fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


台風13号接近中

 どうやら、ここ鹿児島市への直撃はなさそう。

 進路は東に逸れ、大隈半島では現在強い雨が降っている模様。


 夕方、外が変に明るいので出てみた。

 すると、西の空がこんなだった。

町並みの向う (30%)

原良団地 西の空 05 (30%)

       【午後6時半ごろ、原良団地より撮影】

夕焼け

 8月1日金曜日。
 車で帰宅途中、玉江橋上から西の空が金色に輝いているのが見えた。

玉江橋より(30%)

 信号待ちの車中からの撮影なので、不自由この上も無く、電線が写りこんでいる。

 一旦自宅を通過し、西の空が見渡せる原良団地のとあるスポットへと向かった。


PIC_0008 (30%)

 Uターンして約5年。何度となくここに来ては、夕陽を見ている。



 東京での学生時代、ある友人から

 「昨日の夕焼けや綺麗だったなぁ!」

 と言われ、

 「鹿児島の夕焼けは金色に輝くんだよ。それに比べたら大したことない」

 などと答えてしまったことがある。

 「ああ、そうかい」

 相手をすっかり白けさせてしまったその一場面を、今でもたまに思い出すことがある。


梅雨明け

梅雨明け宣言01(30%)


 長野県に住んでいた頃、地域文化活動グループで共に活動していたある人が言った。

 「『風土』という言葉は『風』と『土』の2つの字でできている。土だけでは成り立たないということだ。この地域で生まれた俺たちが『土』だとすれば、他所から来たあんた方が『風』っていうことだな。」

 上手いことを言うものだと思ったが、鹿児島にいる現在、その言葉が感覚的に遠くなったことに気づかされる。

 信州と薩摩では、取り巻く自然も人の気質も大きく違う。毎年のように台風がやってきて暴風が吹き荒れるこの地では、信州の知人が口にした「風と土」の例えは、いさいさか色褪せてしまう。

梅雨明け宣言02(30%)


 理屈の好きな信州人に対し、薩摩っぽは「議をゆな」という言葉に代表されるように不言実行を好み、気の利いた事を言うことも苦手な人が多い。

 「オイどんが土で、ワイどま風じゃ。」

 などという言い回しは、不自然さを通り越して滑稽でさえある。その土地でこそ生きる言葉があるということだ。

梅雨明け宣言03(30%)


 本日、九州全域と山口県が梅雨明け。
 猛暑の予感。

 ラジオで地元の気象予報士さんが言っていたが、「入梅」、「梅雨明け」には気象学的基準が存在せず、「どうやらそう思われる」程度のものなんだそうだ。

空・模様

PIC_0001(29%)


 なんだか水彩画みたいで…

PIC_0007(29%)


 桜島も、すっかり空の一部になっていて

PIC_0009(29%)


 ずっと見ていたかったけど

PIC_0013(29%)


 やっぱり夜はやってくる

PIC_0017(30%)


 おやすみなさい また明日!

ヒョウが降った

 一昨日の3月25日。気象衛星「ひまわり」から送られてきた画像に、鹿児島県全域のどこにも雲が写っていないという、珍しい日だったらしい。

 ラジオでそんなことを言っていたので、

PIC_0002(29%)


 空を見上げてみたら、

PIC_0010(29%)


 どちらを向いても、

PIC_0011(29%)


 

 確かに、全く雲が見えなかった。



 だから、その2日後に



  よもや雹が降ってくるなんて…、

  全く想像できなかった。


 午後4時前ごろだったかなぁ…。カーラジオで、地元のDJ番組を聞いていたら、「指宿でヒョウが振りました」なんていう視聴者からのメールが読み上げられた。

 ― もしかして、北上してくるのかな?

 そう思っていたら、しばらくして4時半頃、雷雨とともに車の屋根がゴンゴンと音をたて始め、フロントグラスの上で白い粒がバウンドし始めた。

01 フロントグラス(29%)


 写真では大きさが分からないが…

02 車窓(29%)



 大きいのは、パチンコ玉ぐらいあった。

 ローカル・ニュースでは、「13ミリ」と言っていた。

 雹は5~6分でやみ

03 ヒョウがやんだら青空が…(29%)



 青空が広がった。

 やれやれ…、と思っていたら、

 また雨が降り、すぐにやんでは、また降り出すという

 じつに不安定な天気だった。 

04 午後6時ごろの空(29%)


 これは6時ごろの空。
 



Powered by FC2 Blog