fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 小松帯刀の生家・肝付家は、喜入領主であり、「一所持」と言われる家柄。

 そんな名家の御曹司であったにも関わらず、幼少年期の「尚五郎」には、それに似つかわしくない、当時としては少し変わったところがあったようなのだ。

 上級武士でありながら、威張ったところが少しも無く、商人のように近づきやすい雰囲気があり、そんなところから「お人好し」とも言われたが、それどころか「馬鹿ではないか」と陰口を叩く人さえいたらしい。
 共を連れずに外出することは許されない身分なのに、彼は平気で一人で出かけ見聞を広めた。よく温泉に出かけては、身分も名も明かさず庶民と語り合い、世間を知ろうとした。
 15歳のころからは、若い下級武士の集まり「誠忠組」とも交流するようになっている。当時、時期藩主をめぐる「お由羅騒動」で揺れていたころで、身分を考えると危険な行為とも言える。

 彼の個性は、当時の「常識」から、大きく外れたていたのである。

 大河ドラマ『篤姫』の前半で描かれた青春時代は、ほとんど「小松帯刀の青春」であり、そこに、幼少期の記録がほとんど残っていない「篤姫」をポンと放り込んで、「肝付尚五郎」の人間的魅力を「於一」と「尚五郎」というコンビに振り分けて脚本化してみたと…、そんな感じがする。

 主人公は「篤姫」なので、尚五郎を中心に描くわけにはいかない。そんなこともあってか、ドラマに登場した尚五郎は、「於一」に振り回される少し頼りないボンボンのように描かれていたが、実在した肝付尚五郎は、その秀逸な気品漂う容姿や闊達な話し振りから、一度言葉を交わしただけで鮮烈な印象を残したらしい。

 脚本家の田渕久美子さん…、少なくとも前半の「薩摩青春編」において、一番書きたかったのは「小松帯刀」なんじゃないのかな?

  (つづく)

 === === === === === === ===

龍馬を超えた男小松帯刀龍馬を超えた男小松帯刀
(2008/03/20)
原口 泉

商品詳細を見る

 === === === === === === ===

幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)
(2008/10)
瀬野 冨吉

商品詳細を見る


 脚本家の田渕久美子さんが、大河ドラマ『篤姫』の全体像を構想するにあたって、最初に考えたのが、こんなことだったみたいです。

 原作の歴史小説『天璋院篤姫』(宮尾登美子作)は大奥を中心として書かれたものなので、そのまんまでは、歴史を描く『大河ドラマ』としては成り立たない。

 大奥の外の世界を描かなければならない。

 それには、「歴史の渦中にいて、尚且つ篤姫と繋がれる存在」が必要だ。

 そんなわけで、あれこれ調べているうちに浮上してきたのが、小松帯刀なる人物だった。

 一般的には殆ど無名ながら、よくよく調べてみると「維新三傑」とされる西郷隆盛や大久保利通や、人気の高い坂本竜馬と同等以上の活躍をしている。明治維新を語る上では欠かせない重要人物であり、しかも、篤姫と同年の天保6(1835)年生まれ。

 さらにその年は、篤姫の養父となった、名君・島津斉彬が初めて薩摩の地を訪れた年でもある(この史実が、ドラマに登場した「2人が、それぞれ斉彬から授かった誕生祝のお守り」に繋がっている)。

 この事実に辿り着いた田渕さん、その瞬間、わくわくしたでしょうね。さぞかし創作意欲を掻き立てられたことでしょう。

  (つづく)

 === === === === === === ===

龍馬を超えた男小松帯刀龍馬を超えた男小松帯刀
(2008/03/20)
原口 泉

商品詳細を見る

 === === === === === === ===

幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)
(2008/10)
瀬野 冨吉

商品詳細を見る



 正直言って、この回にはあまり期待していなかった。その前の「無血開城」や「慶喜救出」など、役者の熱演もあってそれなりに感情移入して見てはいたが、史実をいじくり回し過ぎていて、なんというか、脚本家から台本そのものを見せられて、「どう?面白いでしょう?」と言われているような感じがして、以前と同じようにはのめりこめないでいた。

 そして今回は、小松帯刀が青春時代に篤姫に対して抱いていた恋心を告白するという(現実には無かったはずの)設定になっていて、予告を見た段階で、少々鬱陶しく感じられていた。
 ドラマ前半に、若き日の小松帯刀(肝付尚五郎)が於一に恋心を寄せるという架空のエピソードを盛り込んだために、ここにきて辻褄合わせのために、こんな無理な展開をねじ込まざるを得なくなった…。そんな感じしか持てないでいた。

 ドラマ前半で描かれた尚五郎像は、「頼りないお坊ちゃん」。イギリスの外交官アーネスト・サトウをして「私の知っている日本人の中で一番魅力のある人物で、家老の家柄だが、そういう階級の人間に似合わず、政治的な才能があり、態度が人にすぐれ、それに友情が厚く、そんな点で人々に傑出していた。」と言わしめ、大隈重信をして「容貌、風采ともに立派で、気品があり、薩摩人には珍しい雄弁家で、寛仁大度の人だった」と言わしめた人物像からはかけ離れていて、苦々しい思いをして見ていた人も、実は多かったのではないかと思う。

 長ずるにつれ、若くして薩摩藩家老としての活躍が描かれ始め、前半でのフラストレイションが解消されつつあったが、江戸城無血開城が近づくにつれ、篤姫のことだけを個人的に思い愁うという、ドラマの中だけに存在する、実在した小松帯刀とは似ても似つかぬ「ナヨゴロウ」に逆戻りしていた。

 これが、どうにも面白くなかったのだが…。

 「明治前夜の再会」は、予想に反して、根こそぎ心を持っていかれた。

 もともと史実になかったことなので、脚本家が思いっきり自由に話を構築できた結果、役者も台本にのめり込めたということか。

 これは、ファンタジーなんだよ…。

 それでいいではないか!

 そんなことを思いながら、なんか、涙など、したたらせておりました。
 
 我が家から歩いて2~3分のところに、こんな史跡が、なにげなくあったりする。

石碑 2(30%)

説明看板(30%)

 富国強兵・殖産興業政策を推し進め、大砲を造るための反射炉をはじめ、溶融炉、硝子窯など多くの設備を備えた一大工場群を築いた。

 これらの工場群はのちに「集成館」と命名され、集成館でおこなわれた様々な事業は「集成館事業」と総称される。

 斉彬がこれらの事業を推し進めた背景には、産業革命以後活発な西欧諸国の植民地活動にあった。
 1840年中国とイギリスの間に勃発したアヘン戦争によって、中国はイギリスに完敗。大国中国の敗戦によって、いよいよその触手が日本へと向けられるであろう危機感を感じた斉彬は、日本を西欧諸国のような強く豊かな国にしなければならないと考え、幕府や大名へ富国強兵策を提唱し、自らも集成館事業を興した。 

 人材登用においても、西郷隆盛、小松帯刀等、優れた人物を世に出し、徳川家から家定の正室を求められた際には、分家である今和泉島津家の娘一子の資質を見抜き養女とし、実子として徳川家に送り出している。

 *** *** *** ***


 「英明」とは、こういう常人には成し得ぬ優れた業績を残した人物のことを言うのであって…。

 NHK大河ドラマ『篤姫』では、将軍という座に在りながら「うつけの振り(ドラマでの設定)」をしていた家定を、「世に噂されているほどの暗愚ではなかった」というのならまだしも、篤姫をして「英明」とまで言わしめている。あれは飽くまでもドラマでのキャラ設定であり、実在した家定が「英明」だったなどとは誰も思わないだろうが、見ていてどうも抵抗を感じていた。

 孤独だった家定が、聡明な御台所に対して次第に心を開き、愛が育まれてゆくが、その愛も突然の死により引き裂かれる。加えて、養父斉彬もほぼ時期を同じくして亡くなり、篤姫は一度に拠所を失うことになる。
 このあたりの展開は、歴史ドラマという形を借りてはいるが、人間の心理を自由かつ大胆に描き出す「仮想空間における愛のドラマ」であり、そういう意味で面白く出来ていると思う。
 2人の愛が次第に深まってゆく様子が描かれるにつれ、抵抗を感じていたはずの「非現実的な家定のキャラ設定」も、史実を此処其処にちりばめながらの大胆な発想力に拍手喝采しながら楽しむようになっていた。

 ま、そんなわけで、今ではスイッチを入れ替え、エンターテインメントとして毎回楽しみに見ている。ちゃんと、目に涙なぞ溢れさせたりしながら…。

Powered by FC2 Blog