1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


タンカン

 2、3日前、知り合いの方から、タンカンを山ほど頂いた。

 鹿児島市を拠点にデザイン関係の仕事をしている人なのだが、実家が大隈半島の根占という所で果樹栽培をしていて、日曜日に収穫を手伝ったのだそうだ。

  **  **

 これまでにも何度か書いたが、僕は19歳のときから47歳までという長い間、故郷の鹿児島を離れていた。

 そのうち21年間は長野県に住んでおり、たぶん郷里には戻らないだろうと思っていた。

 
  **  
 

 長野県と鹿児島県では、言うまでもなく自然環境も人の気質も文化も大きく異なっている。5年前にUターンしたときには、生まれ育った場所でありながら、28年のブランクからまるで別世界のように感じた。  

 長野に初めて行ったときは、りんごの木を見て感動したが、鹿児島に帰ってきたときはミカンの木を見て感動し、空の青さや照葉樹林が生い茂る山々の輝きがまぶしかった。

 以後、さまざまな「鹿児島らしさ」への興味が尽きない。

 青い空に浮かぶ南国特有の雲の形状、4つのカルデラを有する雄大な地形、薩摩藩の歴史や文化、数々の特産品などがその対象になっているが、

 南国らしい柑橘類もその中に含まれる。

  **

 タンカンという柑橘類は、いつごろから出回り始めたのだろうか…。

 自分の幼少年期には見たことがなかった。

 ポンカンとオレンジの中間種のような感じだ。 産地の沖縄か屋久島あたりで、品種改良されてできた新種なんじゃないかな? などと想像していた。

 ところが、調べてみると、原産は中国広東省。

 インド・アッサム地方生まれのポンカンと、中国自生のオレンジが、自然交配して生まれたものなのだそうだ。

 これって、もしかすると、いわゆる 「進化」 なのかな?


 日本では九州南部と沖縄のみで栽培されている。


  **


 先週半ばごろ、前述の知人から誘いがあり、一緒に飲んだのだが、そのときタンカンのことを話したら、「実家で栽培しているので良かったらあげますよ」と、予期せぬ言葉。

 そしてその翌週には、5キロ入るという大袋で届いた。

 というのが、この記事の冒頭場面だったわけです。



 大量のタンカンをずっしりと腕に抱えたとき、

 「あぁ、自分は鹿児島にいるんだ」


 と実感。



  **


 ところで、「タンカン」という名称、

 ミカン(蜜柑)やイヨカン(伊予柑)などと語尾の音は同じだが、字は異なっている。


  『短桶』


 古代中国の行商人たちが短い桶(おけ)に入れて売り歩いたのが、その名の由来だとか…。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog