1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


つけば小屋

 長野県上田市で21年間5ヶ所に住んだ。その中でも、異色なのは、千曲川と川沿いの道路の間の土地にあった、使わなくなったつけば小屋。
 「つけば」という言葉は、長野県にゆかりのある人以外は分からないだろうと思うが、川魚料理のこと。千曲川の河川敷には、このつけば小屋が多数ある。ぼくが借りたのは、河川敷ではなく堤防の上にあった。
 ベッドに横たわりながら、毎夜毎夜、ザーザーという瀬音が聴こえてくるわけで、最初はなかなか慣れなかった。
 その「つけば小屋」で、半年ほど生活したのだが、その間いろいろなことを体験した。
 
 ある日、日も暮れた後、外から男性の声が聞こえた。小さな声だったので、最初は空耳かと思ったが、2度目で、そうでないことを確認。外に出てみると、50前後の背広姿のサラリーマン風の男性が立っていた。
「ちょっと川に落ちてしまって」
「……」
「ここまで泳いで来たんです」
 暗くてよく分からなかったが、良く見ると全身ずぶ濡れで、ガタガタ震えている。また、なんで、そんなに派手に落ちてしまったんだろう?と思っていると…。
「運転を誤って、車ごと落ちたんです。流れが急で、あそこまで流されました」
 腕を差し伸べた方をみると、薄暗くなった川の中ほどに、何か、物体が見えた。
 これには、内心びっくり!
 方向転換しようとして、バックギアに入れたまま、前進のつもりで、後ろから川に飛び込んでしまったらしい。落ちた位置から、車らしき物体が見えるところまで50メートルはあった。水量が多く、流れも急なところだ。真冬だったら、命を落していたかもしれない。
 10月ごろだっただろうか、上田も、そのころになると気温も下がり、肌寒くなる。本当に寒そうにしていたので、奥からバスタオルを持ってきて渡し、携帯電話を貸して差し上げた。
 なんだか唖然としたまま、奥さんが車で迎えに来るまで、県道沿いにその人と並んで待っていた。
「あとで、改めてお礼に来ますので」
「いえいえ、結構ですよ、特に何もしてませんから」
 そう答えたら、本当にお礼に来なかった。

 しかし…、あの夜は本当に驚いた。一瞬にして、車もお釈迦になり、季節外れの着衣の水泳…。着衣だと泳ぎの達者な人でも、服の中に水が入り込み、かなり泳ぎづらいらしい。しかも、流れの急な川の中である。本当に、生きた心地がしなかっただろうなぁ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/11-7df5daf9


Powered by FC2 Blog