1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様々な時代の6人の演奏を聴き比べ。

アルフレッド・コルトー(1877~1962)



ラファウ・ブレハッチ(1985~ )



シューラ・チェルカスキー(1909~1995)



エフゲニー・キーシン(1971~ )



セルジオ・ティエンポ(1972~ )



マルタ・アルゲリッチ(1941~ )





 好き勝手に感想を述べてみます。

 まずコルトーの演奏。
 古き良き時代の端整な演奏という印象。知的にまとめられていて、落ち着いて聴けます。

 次にブレハッチ。
 6人の中では一番若くて、現在(2008年)23歳。
 ショパン・コンクールで優勝した人なのですが、この演奏に関しては、なんかショパンらしく聞こえないなぁ…。まるで、ツェルニーのエチュードを聴いているような感じ。わざとそんな感じに弾いてみた? 

 チェルカスキーの演奏は、極端に遅いテンポから始まります。その後、起伏に満ちたロマンティックな表情を見せ、最後はテンポアップしてダイナミックに終わる。チャーミングな演奏だ!

 後半の3人(キーシン、ティエンポ、アルゲリッチ)は、短距離走者のように、速度を競い合っているかのような演奏です。

 まず、キーシン。
 具体的なデータが無いのだけれど、姿を見る限り、かなり若い頃の演奏。求道者のように無心に何かを追い求めているような雰囲気があって、僕のような軽い人間にとっては、なにか聴いていて辛くなります。

 そしてティエンポ。
 キーシンより1年若い。
 ピアニストとしてはキーシンと同等かそれ以上の能力を持ってる人だと思うのですが、そのラテン系の陽性のキャラと演奏ぶりが、深遠さを尊ぶクラシック音楽の世界では、常に思いつめたような緊張感を漂わすキーシンの存在感と比べると、ずいぶん軽んじられてきたように思います。
 キーシンの演奏と、その速度感においては似ているのだけど、そこから感じられる印象はかなり違う。 なんていうかね…、才能ある若者が、「弾けることの喜び」を感じながら、伸びやに弾きまくっているという感じ。そこには、「深み」は感じられないのだが、(録画時はたぶん)10代のピアニストが、チェルカスキーみたいな演奏をしたら、ちょっと気持ち悪いかも。

 最後に、アルゲリッチ。

 この人のピアニストとしての奇跡的な能力は、この世から微妙にはみ出しているのではないかとさえ思えてきます。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1169-fa3ca96e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。