1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 25日の日曜日、従弟が訪ねてきた。

 この従弟とは、母親同士が仲の良い姉妹だったこともあって、子供の頃は家族ぐるみの付き合いがあり、よく互いの家を行き来しては遊んだものだ。

 双方の家族とも子供が3人。

 訪ねてくれたのは、一番上で、僕より3歳年下のO君。

 大阪の大学に進学し、以後ずっと大阪在住なので、大人になってからは会う機会は滅多にない。

 最後に会ったのは、4年前京都に旅行した時。

 鹿児島で会ったのはいつだったかと思い起こしてみると、当時住んでいた長野県から帰省した27歳の時だ。

 実に25年ぶりということになる。

 今回訪ねてくれたのは、昨年秋に亡くなった妹の墓参りが主目的。折からの寒さで母が体調を崩していたので、二人だけで墓に向かった。

 花を入れ替え、線香をあげて手合わせをした後、しばらくそこで立ち話をした。

  ***

 妹とは5歳離れている。僕が19歳で鹿児島を離れたとき、まだ中学2年生だったわけで、どんな友達付き合いをしていたかなどは、当時はほとんど知らなかった。

 末っ子だったので、家庭の中では「我侭な甘えん坊」的な見方しかされていなかったが、外では「頼られる姐御肌」だったらしい。高校・大学時代を通じて、演劇やバンド活動など、積極的に活動し、大阪の大学を卒業してからは、マスコミ関係の仕事をするためにセスナのライセンスを取得した。そんなことを知ったのは、その後、本人とその周囲にいた人たちの口を通してである。
 
 平成15年のUターン後は、本人の口で語られなかった一面を母から聞いて知った。中学時代、不登校の同級生に毎日電話して励ましていたという。
 入院中の妹をなんとか助けたいと、代替治療薬などを探っていた頃、母が搾り出すような声でこう言った。

 「あの子は、いい子だよ…。友達想いでね…。付き合い上手で、すぐに友達ができるんだよ…。」

 初めて会った瞬間から、まるで以前から友達だったかの付き合える人だったということも複数の人から聞いた。

 病気が発覚し、余命が宣告されてから後、妹自身は死に対して超然としているように見えた。 こちらからの電話に出たとき、さらりとした口調でこう言ってのけた。

 「こういう状況って、本人より周りのほうが辛いんだろうね。余命1年っていうのは、治療せずにいたらっていうことだよ。今受けている治療が合っているみたいで、私元気だよ。まあ、延命治療だけどね。お兄さんは考えすぎるからいかん。今出来ることをするだけだよ。」

 主治医の先生も、妹の精神的な強さを認めていた。

 その強さは生来的なものとも考えられるが、もう1つ考えられるのは、霊感の持ち主だったこと。死が単なる消滅でないことを知っていたことにも起因しているかも知れない。

 ともあれ、死にたかったはずはない。生きたいという思いは切実だったはずである。

 入院中、体力が衰える前は、小指の先ほどの可愛い折鶴を、ピンセットを使って器用に折り、千羽を目標にしていたという。

 「私も折らせていただきました」
 
 看護士の方や主治医の先生から聞いた話である。


  ***


 墓碑に刻まれた文字を見た従弟は、僕がそうだったように、しばらくそこを見つめていた。
 
 「ああやって名前が刻まれているのを見ると、なんか不思議な気持ちになるでしょ?」
 「うん。」
 「妹の隣に並んでいるのがお祖母ちゃんでさ、僕が直接知っている唯一の存在だったわけさ。」
 「うんうん。」
 「その右は、皆そのお祖母ちゃんから聞いた名前なんだよ。」
 「3番目は、弟の長男(つまり僕)になって生まれ変わってくるって言った伯父さんだよ。たぶん話したことあるよね?」
 「あぁ、あるよ。アルバム見せてくれたことあったよね。」
 「そうそう、そのアルバムを制作した伯父さん。今まで手を合わせてきたのは、そういう直接知らない人たちだったんだけど、この間まで生きてた妹が、今はそっち側の世界に行ったなんてね…。最期を看取ってるから、頭ではきっちりと解かっているんだけど、どうしても、受け入れられない気持ちがあるよ。」
 「受け入れられない?」
 「やっぱ、いかんよ。先に死んじゃ…。」
 「そうだねぇ。」
 「こうやってO君と妹の墓参りをするなんてさ、あっちゃいかんことだよ。」


  ***

 墓地を後にした後、そこから程近い城山展望所に行った。遊歩道を少し歩いた後、懐かしい町を訪ねたり、お薦めのラーメン屋に案内するなど、車であちらこちらと引っ張りまわした。

 昔のことを思い出しながらのお喋りは楽しかったが、そんな中に妹も加わってほしかったなぁ…。


折鶴(30%)

 妹が祈りを込めて折った、小さな鶴。


浅間山(30%)

 佐久総合病院の病室から見えていた浅間山。

 妹はこの山を見て、故郷の桜島を思い出していた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1182-a3676e70


Powered by FC2 Blog