1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 脚本家の田渕久美子さんが、大河ドラマ『篤姫』の全体像を構想するにあたって、最初に考えたのが、こんなことだったみたいです。

 原作の歴史小説『天璋院篤姫』(宮尾登美子作)は大奥を中心として書かれたものなので、そのまんまでは、歴史を描く『大河ドラマ』としては成り立たない。

 大奥の外の世界を描かなければならない。

 それには、「歴史の渦中にいて、尚且つ篤姫と繋がれる存在」が必要だ。

 そんなわけで、あれこれ調べているうちに浮上してきたのが、小松帯刀なる人物だった。

 一般的には殆ど無名ながら、よくよく調べてみると「維新三傑」とされる西郷隆盛や大久保利通や、人気の高い坂本竜馬と同等以上の活躍をしている。明治維新を語る上では欠かせない重要人物であり、しかも、篤姫と同年の天保6(1835)年生まれ。

 さらにその年は、篤姫の養父となった、名君・島津斉彬が初めて薩摩の地を訪れた年でもある(この史実が、ドラマに登場した「2人が、それぞれ斉彬から授かった誕生祝のお守り」に繋がっている)。

 この事実に辿り着いた田渕さん、その瞬間、わくわくしたでしょうね。さぞかし創作意欲を掻き立てられたことでしょう。

  (つづく)

 === === === === === === ===

龍馬を超えた男小松帯刀龍馬を超えた男小松帯刀
(2008/03/20)
原口 泉

商品詳細を見る

 === === === === === === ===

幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)
(2008/10)
瀬野 冨吉

商品詳細を見る



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1184-8a5b2e8f


Powered by FC2 Blog