1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小松帯刀の生家・肝付家は、喜入領主であり、「一所持」と言われる家柄。

 そんな名家の御曹司であったにも関わらず、幼少年期の「尚五郎」には、それに似つかわしくない、当時としては少し変わったところがあったようなのだ。

 上級武士でありながら、威張ったところが少しも無く、商人のように近づきやすい雰囲気があり、そんなところから「お人好し」とも言われたが、それどころか「馬鹿ではないか」と陰口を叩く人さえいたらしい。
 共を連れずに外出することは許されない身分なのに、彼は平気で一人で出かけ見聞を広めた。よく温泉に出かけては、身分も名も明かさず庶民と語り合い、世間を知ろうとした。
 15歳のころからは、若い下級武士の集まり「誠忠組」とも交流するようになっている。当時、時期藩主をめぐる「お由羅騒動」で揺れていたころで、身分を考えると危険な行為とも言える。

 彼の個性は、当時の「常識」から、大きく外れたていたのである。

 大河ドラマ『篤姫』の前半で描かれた青春時代は、ほとんど「小松帯刀の青春」であり、そこに、幼少期の記録がほとんど残っていない「篤姫」をポンと放り込んで、「肝付尚五郎」の人間的魅力を「於一」と「尚五郎」というコンビに振り分けて脚本化してみたと…、そんな感じがする。

 主人公は「篤姫」なので、尚五郎を中心に描くわけにはいかない。そんなこともあってか、ドラマに登場した尚五郎は、「於一」に振り回される少し頼りないボンボンのように描かれていたが、実在した肝付尚五郎は、その秀逸な気品漂う容姿や闊達な話し振りから、一度言葉を交わしただけで鮮烈な印象を残したらしい。

 脚本家の田渕久美子さん…、少なくとも前半の「薩摩青春編」において、一番書きたかったのは「小松帯刀」なんじゃないのかな?

  (つづく)

 === === === === === === ===

龍馬を超えた男小松帯刀龍馬を超えた男小松帯刀
(2008/03/20)
原口 泉

商品詳細を見る

 === === === === === === ===

幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)幻の宰相 小松帯刀伝(改訂復刻版)
(2008/10)
瀬野 冨吉

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1185-8e743c9c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。