1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 ついに、総集編も含めて全て終わった。

 連続ドラマを全編見通すなどという、これまでの人生に経験したことのないことを、やり遂げてしまった。舞台が、自分の生まれ故郷であり現在の住所でもある鹿児島だったので見始めたのだが、心に響く場面が多く、ドラマ自体の面白さに引き込まれてしまった結果だ。

 脚本家の田淵久美子さんが一番描きたかったのは、たぶん歴史そのものではなく、幕末という激動の時代に生きた「歴史上の人物」の心の奥だったのだと思う。「主人公篤姫」と架空の対面をさせることによって、歴史という座標から一旦取り出し、実際には語られなかった「一個人としての心の叫び」を描き出してみたかったんだろうな…、と、後半はそんなことを感じながら見ていた。

 ただ、それまでは効果的だった「架空の設定」も、江戸城無血開城あたりからは、天璋院を万能の主人公とするべく史実を苦し紛れにいじくり回しているように感じられ、なんと言うか、意味の無い「おもちゃのチャチャチャ歴史」を見させられているようで…、正直、ちょっと白けながら見ていることもあった。

 終盤で良かったのは、史実から完全にはみ出す「根こそぎ全く無かった部分」。ことに、天璋院が江戸城大奥を出てのち、「幼なじみ小松帯刀」が、迫りくる自らの最期を悟りつつ会いにくる場面が良かった。当然のことながら、それについては何の記録も残されてないので、「史実との違い」など何も気にすることなく見入ることができて、主人公と第2の主人公を演じた2人の迫真の演技に心が揺さぶられた。長いカットだったが、カメラを回しっぱなしの「一発録り」だったようだ。

 反面、二条城で徳川慶喜に大政奉還を迫る場面以外、小松の活躍がほとんど描かれていないので、それ以後「国政のことは二の次にし、篤姫のことばかりを案じ、行動する視野の狭い人」みたいな印象しか残らなかったのは、やはり残念。

 なんか、結果的に、何日か前の日記と、同じようなこと書き始めてるな…。

 えっと、まとまりないですが、今夜はそろそろ寝ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1187-4a15d68c


Powered by FC2 Blog