1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藺牟田池

 嘉例川をあとにした後に向かったのは、薩摩川内市祁答院(けどういん)町、藺牟田(いむた)池。

 標高295m、藺牟田火山の火口跡にできた、周囲4キロのカルデラ湖。

01 飯盛り山 (30%)


 一見、何の変哲もない小さな池だが、天然記念物の浮き島やベッコウトンボの生息で知られる、貴重な湖だ。

(こちらのサイトに、藺牟田池についての案内がある。)
 ↓

 http://www.city.satsumasendai.kagoshima.jp/kanko/spot/1_index_msg.html


 中央に浮き島(泥炭形成植物群落)が見える。

02 浮き島 (30%)


 岸に向かって打ち寄せられてくる浮き島。

03 打ち寄せる浮き島 (30%)


 岸に辿り着いた浮き島。

05 岸へたどり着いた浮き島 (30%)


 感触はフカフカだった。

06 浮き島に触れる (30%)

 植物性の繊維が絡み合った物だということがよく分かったが、この写真だと、そこまでは分からないかも。


 この度の訪問は、時間もあまりなく、「浮き島を見て触った」くらいだったが、帰り着いてから調べてみると、4時間で回れるという周囲の外輪山からの変化に富んだ眺めを見たくなってしまった。

 今度は、もっとゆっくりと時間を取って、ぜひまた行ってみたい。

04 石碑 (30%)

07 ラムサール条約 (30%)








 === === === === === === === 







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1208-d3047772


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。