1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 加治屋町にある「生い立ちの地」ではなく、高麗町にある「大久保利通生誕地」を探して初めてたどり着いたときに、ちょっと驚いたことがる。

 何に驚いたかというと、

「それまでに何度もその前を気付かずに通り過ぎていた」

 ということにである。

 これまで見た「誕生地碑」の中で、これほど目立たないものはない。


 「偶然そこを通った」という設定で、その付近を撮影した写真を構成してみることにする。


  *** *** ***


 「偉人誕生地」として知られる加治屋町にある「維新ふるさと館」から、甲突川に沿って南下し、高麗橋を渡って左折

 するとこんな通りが待ち受けている。

05 高麗橋を渡って左折 (30%)


 この道は、鹿児島中央駅から海岸方向へ伸びる「ナポリ通り」と呼ばれる大通りである。

 が、この写真だと、さしたる特徴もない雑然とした風景に見える。

 ここで立ち止まって振り返ってみると、

06 そこで振り返ると (30%)

 遠くに鹿児島中央駅の駅ビル屋上に設置された観覧車が小さく見える (見えますか? 見づらかったら、写真クリックして拡大してみてください)。


 ここは「賑わいから少し外れた場所」なのだ。


 再度振り返って、さきほどの道を前へ前へと歩く。

08 さっきの道を進む (30%)


 歩道の幅が狭くなる。

09 もっと進む (30%)

 左側に古ぼけたブロック塀が見えてくる。

10 もっと進む 2 (30%)

 なんだか息苦しい感じだ。

11 もっと進む 3 (30%)

 塀が途切れると、その向こう側に開放感のある景色が見えてくる。

12 ブロック塀の先端 (30%)



 視線は自然に、そちらに向かいがちに…。


 おっと、道路を横断しなければならないので、車が来ないか左右確認を忘れずに(写真は左だけであるが)。

13 左を確認 (30%)


 そして渡りきり、

14 道路を渡りきります (30%)


 なんとなく気分すっきり!



 ここまでの間に、大久保さんの生誕地碑があったのである。


 写真にもそれが写っていたのだが…、

 あなたは気づかれただろうか?


 ここで、今歩いてきた方向を振り返ると、こんなふうに見える。

15 そこで振り返ると (30%)

 少し戻ってみることにしよう。

16 少し戻ってみます (30%)

17 もっと戻ってみます (30%)

18 これがそうです (30%)

20 正面から (30%)

21 説明文 (30%)

 案内板などブロック塀に隠れるような位置に立っている。

 大山巌や東郷平八郎らが加治屋町に建立した「誕生之地」碑に対する遠慮なのか、大久保不人気を反映しているのか、特に意味があってこんな形になったわけではないのか、今のところそういった情報は全く得ていない。

 (6枚目の写真を、再度ご確認ください。左側のブロック塀の陰に石碑と案内板が写っています。)

 === === === === === === ===








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1228-e7aaeb42


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。