1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 まだ高校生だったころのある日あるとき、ある友人が言った。


 「田舎では、バス停じゃなくても、手を上げれば停まってくれるところがあるよ」


 えらく意外なことのように感じた。 だからこそ、今でも覚えている。


 「そんなことしてて時刻表は守られるの?」

 そんな言葉を返したような気がする。

 「バスに乗る人も少ないし、みんなのんびりしてるから、それでもいいんじゃないの?」

 「へえぇ…」

 路線バスというものは、時刻通りにやってきて、乗客が乗り込むとドアが閉まり発車する…、そんなものだと当然のように思っていた。

 そんな規則的なことを繰り返すだけのバスにくらべて、


「なんか人間的なふれあいが感じられていいねぇ」

「そうだよねぇ」



 そんな言葉を交わしたと思う。


 時間は一気に飛んで、半年ぐらい前、ラジオ番組でそんなバスのことを話題にしていた。

「今でもあるかどうかはわからないけど、昔は、バス停じゃないところでも、手を上げるとバスが停まってくれるところがあったんだよ」


 それを聞いたときに思った。


 「今でもあるよ」

01 この先フリー乗降 (30%)

 フリー乗降・・・!

 手をあげてください!



 このバス停…、じつは

 我が家から歩いて数秒のところにある。



 6年前にUターンしたとき、至近距離にバス停が設けられていたことを「便利になったもんだ」と単純に歓迎した。以前は、路線バスを利用するためには、近くの国道まで5~6分歩かなければならなかった。

 だが、かつて無かったバス路線がここまでやってきた理由は、「運営団体が利潤を図った」結果ではなく、住民の陳情に応えてのことらしい(具体的な経緯は知らない)。
 昭和40年代にできた団地である。今や高齢化が顕著で、運転免許の更新をやめてしまった人も多い。
 
 これが運行時刻表。

02 時刻表1 (30%)
 



 やってくるのは、こんなマイクロバス。

PIC_0001 (30%)


 市営バスは、住民の陳情を受け入れなかったらしい。唯一受け入れたのがこの会社。知恵を絞って、ようやく搾り出したのが、現在のこんな形なんだろうなぁ…。

 バス停に書かれていた「この先」が示す範囲は、団地入り口から最深部の終点まで。高齢の住人への配慮と思われる。

 実際に、バス停以外の場所で手をあげてバスを停めているところを見たことはない。これまでにどのくらいあったのだろう…。

 バス待ちの人たちの楽しげな立ち話が、停留所付近からたまに聞こえてくる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1233-239b4f05


Powered by FC2 Blog