1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 珍しい映像がYoutube にアップされていた。

 1980年.定岡正二(鹿児島市出身、鹿児島実業卒)24歳。1軍に定着して2年目。3度目の完封で6勝目をあげた試合から編集してある。

 前年、初勝利のあと9勝まで積み上げ、この年は、最終的に11勝をあげている。江川、西本とともに先発三本柱として活躍していたころだ。

 この年は、2度目の登板で阪神を1安打完封するなど、数字的にはもっともよい成績を残している。

映像を見ても分かるように、あまり投球にスピードはない。


 手足が長くゆったりとした投球フォームで、腕が遅れて出るため、打者はタイミングが取りにくい。スライダー(今で言うカットボール)を中心に、常にストライク・ゾーンいっぱいから、ややボールになるコースに、微妙に変化するクセ球を配し、打者のタイミングをはずすことに成功している。








 その後、首脳陣は、定岡に対し「江川化」することを要求し、本人もまじめにスピード・アップに取り組む。その結果、2年後には、Max146、常時140キロ前半のスピードを出せるようになった。

 しかし、それは結果的に裏目に出てしまう。プロの打者にとっては、打ちごろの「並みの速球」となってしまい、微妙に変化するクセ球までも精彩を欠くようになってしまった。その後、槙原や斉藤など速球派の若手の台頭もあり、定岡は巨人にとって不要の存在となり、近鉄へのトレードを通告される。しかし、それを拒否。任意引退。
 
 以上、おおよその個人的見解である。

=== === === === === === ===














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1255-37f39817


Powered by FC2 Blog