1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


蘇った地図

 勤務先の介護施設に、僕と同じ苗字の利用者さんがいらっしゃる。

 娘さんがたまに面会にみえて、食事やその他の介助をしていかれるのだが、その娘さんと話しているうちに、共通点は苗字だけでないことが判明。

 時を同じくして同じ町に住んでいたことがあったのだ。

 40年以上前のことになる。3歳から13歳までの10年間を過ごした町。その方のお住まいは自宅から歩いて1~2分というご近所さんで、小学校までの通学路の途中にあり、毎朝のように自分と同じ苗字の表札の前を通り過ぎていた。

 歳も近く4歳年上。直接的な関わりはなく、たぶん話したことも無かったと思う。でも「確かにそんな人がいた」程度の記憶は残っている。

 当時、誰かがこんなことを言っていた。

 「うちの父ちゃんが、あの家の人たちは、奄美大島から来た人じゃないかと言っていたぞ」

 その人のルーツが奄美かどうかは分からないが、奄美出身者には、顔立ちの濃い人が多い。

 真っ先に思い出すのは、第46代横綱朝潮太郎(朝青龍の師匠だった人ではない)。

 この人。
  ↓
http://sumo.goo.ne.jp/kiroku_daicho/mei_yokozuna/asashio.html

 他に、歌手の元ちとせ、元巨人のピッチャー・定岡正二などを思い出す。定岡氏は鹿児島市出身だが、ルーツが奄美大島。

 記憶の中の「その人」も、時を経て目の前にいる「その人」も、目鼻立ちのはっきりした濃い顔立ち。

 おっとりとして落ち着いたお姉さんという印象がある。自分が小学校3年生になった春、中学に入学。突然セーラー服姿になったときは、不思議な眩しさを感じた。

 そんなちょっと遠い存在だった「その人」と、互いに50代となった今、間近に向き合い、当時を振り返る。

 「あの角から何軒目に双子の男の子がいて、そのお兄ちゃんが、弟と同級生だったんです。」

 そんな話が次から次へと出てきて、中には自分の同級生も何人か含まれていた。


 生まれ育った鹿児島に帰ってきて6年。何度かその町を訪ね、昔を偲んでみることはあったが、


 - そこに住んでいた自分以外の誰かが突然目の前に現れ、その頃の話をする -


 そんな場面が訪れようとは、想像だにしていなかった。


 自分ひとりで記憶を辿っていたときは、その町での10年間が、遥か遠くの幻のように感じていた。

 ところが誰かと語り合ってみると、まるで昨日のことのように思えてくる。

 それが不思議でもあり、嬉しくもあった。



 40年以上を経ての思いがけない邂逅。


 僕には神様からの贈り物のように思えた。



=== === === === === === ===
























スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/1262-ea42e3e0


Powered by FC2 Blog