1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しもんそ

 ふるさと鹿児島にUターンしてから、もう3年半が過ぎた。28年振りの帰郷だったため、帰ってきた当初は、かつて自分が感じていた鹿児島と、今の鹿児島が常に二重写しに見えているかのような不思議な気分だった。

 長い間、心の中で、ふるさとは昔のままの姿で立ち止まっていたのだから、そこから現在へ向かって時間は一気には動き出さなかった。多くの地名が、子供の頃の記憶を強烈にくすぐり、過ぎ去った過去の中を泳いでいるかのかと錯覚しそうなほどだった。
 僕が知っているふるさとの町には、まだコンビニは皆無だったし、スーパーも市内に何件も無かった。ここから程近い甲突川周辺は、平成5年のいわゆる「8・6水害」で壊滅的な被害を受け、橋は架け替えられ、町全体の様子もすっかり変わっていた。そんな見知らぬ町に、タイヨー、まるい、ニシムタなど、知らない名前の店舗が立ち並ぶ様子を見る気分は、まさに「浦島太郎」そのものだった。

 そんな中に「しもんそマルヒラ」なるチェーン店もあったわけだが、この店名だけは、知らぬながらも、妙に心をくすぐった。この店名を見るたびに「鹿児島に帰ってきたんだな」という気分にさせられた。

20070509194506.jpg


 鹿児島県に馴染みの無い方は、この写真に写っている店名に何の説明も添えられていない看板は、妙に謎めいて見えるのではないだろうか?

 「しもんそ」
 
 この、なんだかフランス語のような言葉は、鹿児島弁で「しましょう」を意味する。英語の“Do It Yourself”に当たる言葉だ。


20070509194528.jpg



 これはなかなか上手いと思った。ずっと鹿児島にいた人とは、たぶん受け止め方が微妙に違うのではないかと思う。それは、他のすべてのことに対して言えることで、「鹿児島を感じさせるもの」に対しては、心が強く反応してしまう。風景や街角の写真を撮りたくなったり、偶然聞こえてくる鹿児島弁での語らいに、敏感に耳が反応してしまうのは、その現れだと思う。


無料blog






セルバンク










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/130-585a8b3d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。