1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島と青森

 小学校3~4年のときの担任の先生は、少し変わった先生だった。分裂気質で機嫌の良し悪しの差が激しかったが、着眼点が面白かった。

 「闇雲に努力してもしょうがない。怠けることも大事なんだぞ。怠けるために工夫をするから、発明につながる」

 「準備だけ一生懸命にやってもダメなんだ。細工は隆々、仕上げは失敗、ではしょうがない。石橋を叩いて渡るというが、叩いてばかりじゃ意味が無い。最後は渡る勇気が必要だ」

 などと、ちょっと捻った言い方をするのが好きだった。

 ある日、その先生が、生徒1人1人に、社会科のクイズを考えさせた。昔「20の扉」というテレビのクイズ番組があったが、それを真似て、ある県に当てはまる条件を1つ1つ挙げてゆき、誰が1番先に当てるかを競うもの。

 生徒は大したクイズを考え付かなかったが、その先生が出したクイズには、生徒全員嵌められた。

①その県には、2つの大きな半島があります。
②その県は、2つの県と接しています。
③県境には国立公園があります。
④その県の県庁所在地は、県のほぼ中央にあります。
⑤その県は、日本本土を構成する4つの島のうちの1つの、南か北の端っこにあります。
⑥2つの半島が囲む湾のほぼ中央に、小さな半島が突き出ています。

 皆が、鹿児島県だと思った。結局誰もが、最後まで鹿児島県以外に考えつかず、いつまでも正解者は出なかった。全員騙されているような気分になり始めていたが、散々焦らした後で、先生の口から正解が発表された。

 青森県だった。

 青森と鹿児島、実は、地理的に良く似ているのである。以上の6つの条件に当てはまる県は、他に無い。

 2つの県は、他にも似ている点がある。47都道府県中、人口は鹿児島県が24位、青森県が28位と近い。人口密度も35位と40位と、ほぼそのままの少差でずれ込む。
 
 そういう地理的なことだけでなく、もう1つ大きな特徴がある。言葉のイントネーションである。

 コテコテの津軽弁と薩摩語では、もちろん全くの別言語であるが、全国共通後で書かれた文を、それぞれのイントネーションで読み比べると、区別が付かないぐらいよく似ている。
 このことは、長野県に住んでいたころ、青森出身の友人と実験済みである。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/138-96e6154c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。