1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 長野県上田市に20年住んでいた。そこから少し北に上山田町という温泉で知られる町がある。その上山田町とハンガリーのヴェルーツェっていう小さな町が、どういうきっかけだかは知らないが、文化交流を続けていて、その流れに乗って、1997年、上山田文化会館を拠点とするアマチュア劇団がヴェルーツェに行って、日本語で演劇をするというちょっと無茶とも思えることを実施してしまった。

 僕は劇団員ではないし、演技に加わったわけでもないのだが、それに付いてハンガリーに行くことになった。役者の動きに合わせてピアノを弾く、という役目を仰せつかったのだ。台本は、宮沢賢治原作の《セロ弾きのゴーシュ》。楽譜ではなくて、台本と役者を見ながらピアノを弾いたのは、このときが初めてのことで、最初は、かなりやり難かった。

 芝居当日、観客には、マジャール語であらすじが書かれたイラスト付きのパンフレットを配布。音付きのパントマイムみたいな部分が多かったこともあって、だから言葉の通じない国でもどうにかやれたっていう感じだろうか。小学生ぐらいの子供もけっこう喜んで見てくれていた。

 ベルーツェとは、マジャール語で「膝」を意味する言葉。ドナウ河(マジャール語でドゥナ)が、ちょうど膝を曲げた形のようにカーヴしているところに位置することに由来している。
 ハンガリーは、東欧圏でも東洋と接する位置にあり、東洋人の血が混ざっているとか、言語がアジア系だとか(詳細は知らないです)、姓名の表示が、名字が先に来るなどから、アジアで最も発展した国として、日本に親近感と尊敬の念を抱いているらしい。街中で集合時間を待って、ボーッと立っている最中、日本語で話しかけてきた人がいましたよ。
「どちらからこられましたか? 私は日本が大好きです。日本は高い。」
 最後の一文は、日本語としておかしな表現だが、まさか、わざわざ「物価が高い」なんてことを言うつもりでもなかっただろうから、たぶん文化レヴェルが高いという意味だったんでしょうかね。

 ヴェルーツェの人たちが、連日あちこち案内してくれ、夜は庭の大きなお宅に集まってのパーティー。向こうで準備されたプランの中には、2日ほど、2人ずつに分かれて、ホームステイというのもあった。僕は美術担当の造形作家さんとのコンビだったのだが、その作家さん、下の名前が「ジン」だったため、ステイ先の奥さんから「ジン → ジミ→ ジミ・ヘンドリックス」という連想ゲーム式のニック・ネームを頂戴し、僕もそれを面白がって、旅の間中“Jimi Hendrix!”と英語式の発音で呼んでいた。
 で、僕のニックネームは何になったかと言うと、こっ恥ずかしいことに「マエストロ」。やめて欲しかったんだけど、そのうち慣れてしまい、単なる音の組み合わせとして受け止めるようになっていた。

 その他、様々な情景がフラッシュバックされるのだが、9年も前のことになってしまい、残念なことに、詳細な流れが思い出せなくなっている。そんな中で一番の思い出と言えば、センテンドレの町を歩いたこと。スケジュールの中に、単独行動の時間枠がとってあったので、ただボーッと歩き回って、町の空気を楽しんだ。赤い屋根、黄色っぽい土壁、レンガ道など、昔からの古い姿を保ち、町全体が一つの芸術作品のように統一が取れていて、しかも静寂に包まれているので、メルヘン空間に紛れ込んだかのような不思議な気分になった。芝生の広がる広い公園の木陰に若い夫婦が、横たわってのんびりと休日を楽しんでいた姿と、遠く離れたところから、スプリンクラーの回る「カシャ、カシャ」という音がかすかに聞こえていたことが妙に記憶に残っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/15-9c25e8cc


Powered by FC2 Blog