1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖の底

20070607121627.jpg



 長野県上田市から坂城町へと向かう県道77号線の西側に、半過岩鼻と呼ばれる切り立った大岸壁が聳えている。その崖の上からは、千曲川の流れとその周囲に広がる上田市全域、そして坂城町方面が見渡せ、大正10年に日本百景の一つに選ばれている。その記念に作られたのが千曲公園で、上田に住んでいた頃、よく車を走らせては、ここからの眺めを楽しんだ。
 千曲公園に立てられた案内板に、こんな話が紹介されている。

― 昔、ここ上田岩鼻と対岸の塩尻岩鼻は堤防のようにつながっていて、上田盆地は一面の湖だった。湖の西側にネズミがはびこり田畑を荒らしたので、唐猫を集めて追わせた。逃げ場を失ったネズミは岩山を食い破り、湖の水は千曲川となって流れだし、一帯は陸地になった。

 上田盆地周辺の地図を見て、この盆地は昔は湖ではないかと勝手に想像していたので、この案内板を見たときは「我が意を得たり」という心境だった。

 ネズミが食い破ったというのは、いかにも作り話であるが、上田盆地が湖だったことは地質学的にも証明されているらしい。2つの大岸壁を見ていると、湖水が流れ出したときの凄まじい侵食の様子が偲ばれる。
 
 上田で過ごした20年のうちの大半は、千曲川に近い静かな住宅地に住んでいた。上田は、寒冷の長野県にあっては、寒さも厳しくはなく、降水量が少ないため積雪も多くて30センチ程度。早朝、千曲川河畔に出てみると散歩を楽しむ人たちの姿も見られる。
 古代湖の底での暮らしは、なかなか快適だった。
 シンセサイザーでのライヴ用に『古代湖の精霊』というタイトルの曲を作ったのが懐かしい思い出になっている。



 参加中のランキングです。ご協力よろしくお願いします。
   ↓
FC2 Blog Ranking
20070506170154.gif


鹿児島ブログナビ
鹿児島ブログナビ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/156-cec34e51


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。