1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「凸凹」と書いて「デコボコ」、「凹凸」と書いて「オウトツ」と読む。「凸」も「凹」もれっきとした漢字なのだが、どうも記号のようにしか見えない。他の漢字、例えば「空」を見れば「そら」、「窓」を見れば「まど」という具合にすんなりと読めるが、「凸」も「凹」も、他の漢字と違って、響きを伴ってこちらに語りかけては来ない。僕にとって、この2つの漢字は全く沈黙したままの「形」でしかなく、知識として読み方を知ってはいるものの、「読んでいる」という感覚が無い。

 たとえば、こんな文章があったとする。

 ― 凹レンズと凸レンズを持って、凸凹の坂道を歩いていたら、うっかり凹レンズを落としてしまい、探すのに苦労しました。 
 すっかり凹んでしまいました。がっかりしていたせいか、凸凹の坂道に足を取られ、なんと顔から転んでしまいました。そのせいで、買ったばかりのバッグが凹凹になってしまい、ますます凹んでしまいました。

 平仮名と漢字のみの文章なのに、どうも絵文字が混ざっているように見えてしまう。 

 ある本の中に、この「凸」と「凹」の筆順について書かれていた。

 筆順。小学生の頃は「書き順」と習った。懐かしい言葉である。小学校の国語の時間に「右」「左」「必」「飛」などの書き順について細かく習ったのが懐かしい。しかし、書き順を知らなくて困ることなど、小学校の国語のテストくらいのもので、その後は、ほとんど拘ることも無くなっていた。しかも、この2つの漢字は、自分ではまず使わないので、書き順など考えたことも無い。
 
 両方とも、部首は「かんがまえ(「コ」の字を右に90度回転させた形)」である。その部首を最後に書き、あとは「上から下へ」「左から右へ」の法則に従って書くことになる。「凹」のほうは、「最も上」と「最も左」を両方満たす一点が存在するので、そこから書けば良い。ところが、「凸」のほうは、「最も上」と「最も左」が別個に存在するので、どちらから書いたらよいのか迷う。

 その本には、出っ張りの左側にある横棒から書き出すと書いてあったが、念のためにネット検索してみたら、正しいとされるものがどうも2通り存在しているようなのだ。小学館から出版されている『新選漢和辞典 第6版』小林信明編では、その本と同じになっているが、『旺文社漢和辞典』の付録(常用漢字の筆順)、日本習字普及協会編『筆順の解明』では、出っ張りの左側の縦棒から(「左から右」より「上から下」を優先した形)になっているらしい。

 そもそも「正しい筆順」とは、いつどのようにして定められたのか? 調べてみたところ、1958年に、文部省(現文部科学省)が「筆順指導の手びき」を編纂するにあたって、漢文学者や書家、小中学校の先生たちを集めて決められたらしい。そうして完成した「筆順指導の手びき」の冒頭には、「本書に示される筆順は、学習指導上に混乱を来たさないようにとの配慮から定められたもので(中略)ここに取り上げられなかった筆順についても、これを誤りとするものではない」と書かれているとのこと。

 それでは、「右は上から」「左は横棒から」と事細かく教え込まれたあの体験は、一体何だったのだという気がしてくる。

 昭和33年以前に教育を受けた人とそれ以後では、「正しい筆順」も多少違うようだ。例えば「上」の字。「手びき」では縦棒から書くのが「正しい」とされているが、それ以前は横棒から書くのが正しいとされていたらしい。試しに昭和7年生まれの母に訊ねてみたところ、横棒から先に書くという答えが返ってきた。

 ちなみに、アニメーションで書き順を示してくれる、こんなサイトもある。
■漢字書き順ガイド [ 教育技術.net ]
「筆順指導の手びき」の冒頭文を知ってしまった後では、こんなに教え込まなくてもよかろうという気にもなるが、そんな気持ちとは裏腹に、自分の記憶に間違いがあったことに気付かされると、ちょっと悔しい気分にもなる。2年生で習う「馬」「長」という字などは、一番上の横棒から書くのだと思っていたが、左の縦棒から書くのが正しいとされている。


【楽天ランキング総合1位】原宿カリスマショップ発!超人気「シルバー福袋」販売プログラム(07-0410)





 参加中のランキングです。ご協力よろしくお願いします。
   ↓
FC2 Blog Ranking
20070506170154.gif


鹿児島ブログナビ
鹿児島ブログナビ

スポンサーサイト

コメント

書き順

おはようございます。
書き順は迷いますよね
娘の授業参観で、先生が子供達に教えている
漢字の書き順が、自分たちの覚えているのとちがうと
思って思わず下を向いて手のひらに書いてました
私の両側の親御さんもみんなそうでした
おかしかったですよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/157-251012a3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。