1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 37年も前に亡くなっているのだが、今でも女性ロック・シンガーと言えば、真っ先にこの人の名前が思い浮かぶ。

 Janis Joplin 1943年~ 1970年 アメリカ

 ブルースの影響を強く受けた圧倒的な歌唱力で、1960年代のロックシーンを代表する歌手となる。
 1970年10月4日、アルバム『Pearl』の録音のため滞在していたロサンゼルスのホテルで死亡されているのが発見された。享年27歳。使用したヘロインが通常のものより高純度であったため、致死量を越えたことが原因。録音中だったアルバムの収録曲のうち、Mercedes-Benzはアカペラの仮録音、そしてBuried Alive in Blues は本人の歌が録音できないまま演奏だけが収録されている。遺灰はカリフォルニアで海へ撒かれた。

 後に彼女の姉妹が著わした手記『Love, Janis』には彼女が知的でシャイ、繊細な家族思いの人物であったことが記されている。

“Move Over”


“Cry Baby”(Live in Toronto 1970)


スポンサーサイト

コメント

ジョップリン、なつかしい

旦那が好きだった人です。
当時、彼が片思いだった女性に
ジョップリンの肖像画を描いてプレゼントしていました。(その人がジョップリン大好きだったからみたい)

私もこんなに情感あるロックの歌は聴いたことが無い!と思いました。ブルースっぽいのとか、だれもこの人にはかなわない!などと思ったものです。
あのかすれた声で「サマータイム」とか聴きたくなりました。^v^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/217-e98352e4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。