1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 初めて店の前を通ったのは昨年の11月末。過ぎ去った良き時代を思わせる店構えに惹かれた。その後何度かその前を通る機会があったものの、仕事中だったため、客として入るわけにはいかなかった。その後、半年以上が経過、初めてゆっくりと訪ねて話を聞くことができた。
 
 店の前は私道なので、路上駐車しても取り締まりの対象にはならない。
20070702185435.jpg


 ご夫婦が店を始める前は、星ヶ峰に住んでいたのだが、定年退職したのを機に、ご両親が亡くなって空家になっていた御主人の実家に戻り、軽自動車2台を留めていた車庫を店舗に改装しオープン。今年で5年目に入った。
 鴨居と敷居部分だけは専門の大工さんに頼んで作って貰ったが、それ以外は、すべて御主人の手作業。必要な材料は、廃材を利用したり、リサイクルショップで探した。
20070702185523.jpg

 ご夫婦とも昭和15年生まれの同い年。奥さんが育った家も、そこから数件目というご近所さんで、同じ小学校、同じ中学校に通った同級生夫婦。お客さんの中にも、同級生が何人かいらっしゃるとのこと。
 店構えからこちらが勝手に想像した通りのお店で、子供時代を過ごした町に再び住まわせて貰うのだから、楽しく過ごせる交流の場としてご近所さんたにのお役に立てることが第一と2人は言う。以前、新聞社から取材申し込みがあったのだが、それもお断りした。自分たちが忙しくなることも、従来のお客さんがゆっくりできなくなることも望んでいることではない。
20070702185640.jpg

 定休日の日曜日に温泉に行った帰りに農作物直売所や道の駅などで食材を探してくる。
 お客さんの中には、差し入れを持ってくる人もいる。そうやって頂いたものに手を加え、皆さんに無料サービス。僕がお邪魔している間だけでも2件の差し入れがあった。
 注文の品を待っている間に、すもものハチミツ漬け、梅のハチミツ漬け、梅干、ラッキョウの酢漬け、掻き揚げ、焼きナスなどがズラリと並び、テーブルは賑やかだった。
20070702185806.jpg

20070702185830.jpg

20070702185916.jpg

20070702185944.jpg

20070702190008.jpg

 最初に注文したのは、やきもち2枚 90×2=180円 
(ごく普通の焼き餅。日曜日にもち米を15時間水に浸すところから餅作りが始まる。)
20070702190208.jpg

 次が味噌ラーメン 350円 
(専門店の味を要求してはいけない。家庭料理としてのラーメンである。)
20070702190331.jpg

 食後には、UCCアイスコーヒー[微糖]1杯と、差し入れで貰ったお菓子が無料サービス。
 〆て530円。
 
 おかみさんのキャラクターがいかにも客商売に向いている感じだが、この店を始めるまで、その経験はない。御主人は運送業、女将さんは仕出しの会社に勤めるサラリーマンだった。ただ、女将さんの生家が駄菓子屋さん、いわゆる一銭店屋だったので、お客がやってくる場の空気だけは子供の頃から知っていて、それは役立っているかも知れないと言っていた。

 面白いと思ったのは、床屋に行けないご老人の髪の毛を、路上で無料カットしていたこと。このお客さんの部屋のエアコンの調子がおかしいというので、その後、御主人が自転車でお宅までレスキューに向かった。
20070702190423.jpg

 ちょっと長居している間に、おかみさんが、昭和30年代半ば頃、近くにあった「がんがら橋」のそばで市が開かれていたことや、子供の頃、実家の駄菓子屋で、ハッタイ粉を使った飴を作っていたことなどを話してくれた。

 今時、こんなお店はなかなか無い。稼ぎは僅かなもので、年金があってこそ成り立っているとおっしゃるが、売上以上に大きなものを常連さんたちと共有していることは確か。正直言って羨ましい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/225-1e1c7a36


Powered by FC2 Blog