1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 長野県に住んでいたころ加入していた「室内楽を愛する会」の企画で、ピアニスト三舩優子さんのリサイタルが開かれたことがあった。その時のプログラム1曲目がスカルラッティのEdurのソナタ K.380で、それがこの曲を聴いた最初の体験だった。冒頭の特徴ある主題が高音域で鳴らされた途端、その美しい音色に惹き込まれてしまった。

 ドメニコ・スカルラッティは、バッハ、ヘンデルと同じ1685年に生まれているので、チェンバロのために書かれた曲なのだが、現代のピアノとの相性が良く、ピアニストの繊細なタッチが見事に生きてくる。技巧的には難しくないのだが、多くのピアニストによって弾かれてきた人気曲。

 スカルラッティのソナタは、古典派以降のソナタ形式を含む複数楽章からなるものと違い、単に器楽曲という意味。単一楽章で余り長くなく、楽譜にして4ページほどの気楽に楽しめるものが多い。
 作品番号のK.はカークパトリック(Karkpatrick)、L.はロンゴ(Longo)の頭文字。ベートーヴェン以降、作曲家が自ら作品番号を付けるようになったが、それ以前の作曲家については、研究家によって整理番号が付けられている。スカルラッティの場合、2種類の作品番号が付けられているが、最近では新しく整理されたカークパトリックによるものが使われることが多い。

 動画は、ロシアの巨匠ホロヴィッツの演奏で、ト長調K.55と続けて2曲聴かれます。


モスクワ・ライヴ1986 モスクワ・ライヴ1986
ホロヴィッツ(ヴラディーミル) (2000/08/02)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る


スカルラッティ集 1 (1) スカルラッティ集 1 (1)
井口 基成 (1972/02/01)
春秋社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/227-47579502


Powered by FC2 Blog