1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 昭和40年代前半、僕が小学校6年生だったころの話。我が家は常盤町にあり、僕ら兄妹は、鹿児島市立西田小学校に通っていた。
 妹が小学校に入学して間もない春の土曜日、その妹と同じクラスの女の子が遊びにやって来た。1年生にしては大柄だった妹に比べ一回り体が小さく、おとなしくて人形のような子だった。

 なぜそのことを覚えているかと言うと、

 その女の子に、お兄さんが、付き添ってきたから。


 1年生が1人で歩いて来るのは危ないからということで、お兄さんが付いて来たのである。



 その兄妹が住んでいたのは同じ町内ではなく、我が家までは少し距離があり、お兄さんは、親にそう言われて付いてきたと言っていた。


 そのお兄さんというのが、まだ小学校6年生、つまり自分と同い年だった。クラスが別で、名前も知らなかったが、顔には見覚えがあった。



 学校で何気なく見かけていた男の子。



 その子が、


 妹の保護者として


 突然身近に現れた。



 そんなこと、その頃の自分には、到底できないことだった。



 同い年でありながら、その少年の精神構造が、自分の遠く及ばない領域に達している。


 そう思った。



 妹たちが庭で遊んでいる間、その少年は縁側に越し掛け、静かにその様子を見ていた。


 母が菓子と飲み物を出した。

 小さな声で

「いいです」



 そう言ったきり、手を付けようともしない。

 その姿に、近寄りがたいものを感じた。


 僕は声をかけることもできず、身を隠すように勉強机に向かった。

 でも、心は

 縁側に腰掛けている男の子に向かいっ放しだった。


 母に言われた。

「あの子、偉いよね。ああして妹のために付いてきて、じっと見守ってるって、いいお兄さんだよね」

「そう思う。僕にはそんなこと できないよ」

「あんた同じ年なんだから、一緒に遊んであげなさいよ。ただ待ってるだけで、可哀想だと思わない?」

「……」




 当時「庭球」と呼んでいたミニ・テニスをしたことを覚えているが、

 その男の子に対して、気楽に話し掛けられないまま、言葉少なめにそのゲームを続け、それでも何となく嬉しかったことを覚えている。


 名前は…、確か平木君だったと思う。


 その平木君と、6年後期のクラブ活動で再会することになる。

 ソフトボール部。そのクラブで、なんとバッテリーを組むことになるのである。僕のポジションはキャッチャーだったが、望んでそうなったのではなく、外れ籤を引いた結果だった。

 クラブは、2つのチームに分けられ、毎週水曜日に対戦した。僕は、キャッチャーというポジションに、これといった目標も無く就いていた。

 そのうち、自分の欠点に気づいた。目の前でバットを振られると、条件反射的に、目を閉じてしまうのである。その結果が捕球ミス。

 始めのうちは、自分だけが気づいていたが、ほどなく相手も気付いた。

 振り逃げの連続となった。

 相手チームの4番打者は野崎君という好打者で、打席に入るといつも初球を外野の後方まで飛ばした。いつも、大量得点差で、こちらが負ける。

 そんな状況に嫌気がさしたチームメイトから

 「ちゃんと取ってよ」

 と、当然過ぎるクレームを浴びるようになっていた。

 そんな状況にあったある日のこと、次打者が強打の野崎君というとき、ホームでミットを構えている僕のそばに、ピッチャーの平木君が歩み寄って来た。

 「速い球を投げるから、しっかり取ってね」
 
 そう言われたときには、まだその意味がよく分からなかったのだが、投球フォームに入った平木君の右腕からは、それまでとは桁違いのスピード・ボールが放たれた。
 
 野崎君のバットは空を切った。

 突然のスピード・ボールに、僕はただ受けるだけで精一杯。バットの振りを感じる余裕さえなかった。

 以後、僕は、バットを振られても眼をつぶらなくなった。


 「すごいね。どうしてこんな球を投げられるようになったの?」

 「練習したからね」

 そんな単純な会話しかなかった。

 その後、平木君がスピード・ボールを放ったのは、4番打者の野崎君に対してだけで、他の打者には、それまでと同じく打ちやすいボールを放っていた。


 奥行きのある子だった。



 今ごろどうしてるかなぁ…。

スポンサーサイト

コメント

かっこいい平木君

6年生なのに、まるで高校球児のドラマを見ているような感覚でした。^v^
平木君、かっこいいですね。
ちなみに、我が旦那さんも常盤町に住んでいた西田小学校の卒業生。どこかできっと、めどうさんに逢っていますね。v-410

かぜつまさんのご主人は

何年生まれなんですか?

 平木君は、自分を押さえ込むタイプだったので、もしかすると、その後の人生で苦労してるかもしれない、などと思ったり、逆に周りから慕われる人格者になっているかも知れないと思ったり、とにかく想像をかきたてられる存在です。

だんなは昭和28年7月生まれです。
昨日は当方のブログコメントありがとうございました。v-353

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/259-7a0bc1db


Powered by FC2 Blog