1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 約5年前、偶然あるテレビ番組で、その存在を知った。何となく付けていたテレビから、「鹿児島出身」という声が聞こえてきたのが最初の接点だった。どういう番組だったかは分からないが、テレビドラマのオーディションや、歌のレッスン、レコーディングの様子が映し出されていた。それだけだったら、その場の印象だけで終わっていたかもしれない。その声質が何となく気に入って、その後CDショップで、ファースト・アルバムまで買い込んでしまった。

 アルバムを聴いてみたら「Will」という曲に聞き覚えがあった。いつかどこかのCDショップで偶然聴こえてきた歌だった。最近の歌にしては、どこか懐かしいメロディーと歌唱法。ビブラートのかけ方など、何となく五輪真弓を思わせた。店員さんにタイトルと歌手名を確認して買ってみようかという気も起こったが、実行するまでには至らなかった。結局、別ルートでこの歌に再度辿り着いてしまった。

 その中島美嘉の持ち歌で最も好きなのが、その後流行った「雪の華」。デビュー当時は、歌唱に余裕が無く、音程もやや不安定だったが、録音を重ねるごとに上達し、この頃になると安心して聴けるようになった。そして、持ち味である感情表現を目一杯活かし、聴き手の心を揺さぶってくる。

 その「雪の華」に、こういう歌詞が出てくる

  もし、君を失ったとしたなら 
  星になって君を照らすだろう
  笑顔も 涙に濡れてる夜も
  いつもいつでもそばにいるよ

「君を失う」という言葉が何を意味しているのか曖昧だが、これは「命を落とし、この世の全てを失う」という意味なのではないかと思う。「この世の全て」を「君」という言葉に象徴させてあるのだと…。僕にとってこの歌が特別な1曲になり得ているのは、この部分の存在が大きい。

■雪の華 (鹿児島市は今日まで連続6日の猛暑日。この歌の似合う季節が恋しい。)


 中島美嘉が、某高校の卒業式で「雪の華」「Will」を歌っている動画があった。たぶんテレビ局の企画だと思うが、詳細は不明。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/263-72da557a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。