1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝島

20060910194802.jpg


 写真は、スティーヴンスンの小説「宝島」のモデルとなった面積7.14k㎡の小さな島です。熱帯、亜熱帯の植物が海岸に茂り、海の深い紺碧の青やサンゴ礁の白とが絶妙のコントラストを見せています。島の北側には、広大な砂丘が広がり、鍾乳洞もたくさんあります。それらの中には、海賊キャプテンキッドが財宝を隠したと伝えられている鍾乳洞もあり、多くの探検家や賞金稼ぎが訪れたといわれ、1824年には、食料として牛を奪うため、イギリス船の侵略を受けています。

 さて、この島、どこにあると思いますか? 西インド諸島とかヴァージン諸島、バハマ諸島なんていう名前がしっくりくると思いませんか? 実は、この島、東シナ海に浮かぶ日本の領土なのです。鹿児島県鹿児島郡十島村。トカラ列島の中の1島、その名もずばり「宝島」。白状しておきますが、今日知ったばかりの事実です。

 このことを知る切っ掛けとなったのは、鹿児島県の地方紙・南日本新聞に掲載されていた記事です。この十島村トカラ列島が、3年後の2009年7月、日本で21年ぶりという皆既日食の絶好の観測ポイントとなるということが書いてあり、スティーヴンソンの『宝島』がどうとかとは、全く関係無い内容だったのですが、トカラ列島を検索して調べているうちに写真の宝島のページに辿り着いたというわけです。

 十島村の皆既日食について、詳しくはこちら。
  ↓
http://www.tokara.jp/contents/special/index.html


 十島村について、HPから、一部コピベしておきます。

 日本に離島は数え切れないくらいあるが、ここはまさに離島中の離島。行政上の区分は「最高僻地5級地」。これ以上の僻地はないというクラスである。

 定期的に村営汽船が各島々を結んで運航されているが、天候が悪ければ4~5日船が来ないこともある。天気のいい日でも2~3日おきの運行である。生活物資や郵便物などを鹿児島から運ぶことも義務付けられている村営汽船は多少の海の荒れくらいでは滅多に欠航しないが、それでも台風銀座の東シナ海では欠航せざるを得ないこともある。それが続くと、島には食料が無くなる。だから、トカラの島々の各家庭には驚くほど大きな冷蔵庫や業務用の冷凍庫といったものまである。それほど「トカラ」は遠い地なのである。
「トカラ」の住人は人懐こい。しかし、周囲を海に囲まれ、閉鎖された社会であることも確かである。それは、警戒心が強いことを意味している。
 だから、都会からの旅行者が地元の人たちにすぐ溶け込むには少々無理があるかも知れない。

 「トカラ」は他の観光地とは異なり、「何者にも束縛されない自由な時間」と「真の自然」を身体で感じるためだけに行くところだと考えていただいたほうがいいだろう。遊び半分では決して行かないほうがいいだろう。遊園地や飲食店などという娯楽施設などないし、食べたいものを自由に食べられる訳でもない。
 「トカラ」では、ただ「ぼ~」と時を過ごすことが唯一至上の娯楽なのである。
スポンサーサイト

コメント

皆既日食と言えば、まだ小学生の頃にガラスにロウソクの煤(すす)を付けて授業中に観測したことがあります。もう40年くらい前の話。

それから、何度かそういう機会はあったのでしょうが、見ることもなく過ごしてきました。

数年前のハレー彗星だったか流星群が来たときの天体ショーは、眠い目をこすりながら、天を見上げて尾を引いて落ちていく流れ星の数の多さに感激しました。飽きることなく見上げていました。今もあの光景は目に、そして心に焼き付いています。

そして数日前の部分月食。空を見上げながら、星々の語る話を聞く。

ところで、宝島、外国の島がモデルだと勝手に思いこんでいましたので驚きです。宝の地図を持って旅をしてみたいです。そう言えばめどうさんの少年時代のお話の中にも・・・ありましたよね。

トカラに一時に人が押し寄せることになるのかしら。自然と折り合いを付けながら天空の浪漫を語りたいものです。

 キャプテンキッドが、なぜこの島に辿り着いたのか、そのあたりについて今は全く知らないのですが、背景的なことを知りたい欲求に駆られます。

 皆既日食については、何故だか、それを見たいという強い気持ちが沸きあがってこないのは何故だろう? 自問自答しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/3-507dc144


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。