1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小学校低学年のころまで、作文の文末によく「楽しいでした」「嬉しいでした」という表現を用いていた。それは僕個人だけではなく、周囲の子供たちもそうだったので、それで正しいのだと思い込んでいた。
 ある日あるとき、高校の体育教師だった父から「楽しかったです」が正しいと指摘されたことがあったのだが、そのときは「楽しかった」のあとに「です」をくっつけることが、木に竹をつぐような固い表現に感じたものだ。そのうち「楽しかったです」という表現に慣れ、小学校高学年になるころには普通に「楽しかったです」と書くようになっていた。

 それから何十年も経ってそのことを懐かしく思い出すことがあったのだが、なぜそんな表現を使っていたのかということまでは考えたことがなかった。

 平成16年の秋、28年ぶりに故郷鹿児島にUターンし、インターネットを繋いでからその理由が分かった。どこかのサイトに「楽しいでした」というのは鹿児島の方言だと書いてあったのだ。
 ためしに鹿児島関連のサイトを覗いてみると、小学生だけでなく高校生も大人も、普通に「楽しいでした」と書いている。さらには、ずっと地元にいる30代の知り合いに「楽しいでした」について話してみたところ、一瞬固まってしまった。

 「え? 『楽しいでした』って、方言なんですか?」

 現在に至るまで「楽しいでした」を正しい日本語だと思っていたのだ。

 ただ「楽しかったです」という表現も、どこか熟していない感じがする。古くは「楽しゅうございました」と言っていたわけだが、それだと現在では古語的なニュアンスが感じられ現代文の中では違和感がある。たぶん、それに代わる表現として比較的新しく使われだしたのではないかと睨んでいる。

 僕自身、「楽しかったです」という表現はやや稚拙に感じられるので、「楽しいひと時でした」とか「楽しいライヴでした」というように、名詞にかける形で使っている。

 今日、ふと思った。

 「きれいでした」とは言っても「きれいだったです」は言わないよな…。

 単に慣用されているかそうでないかの問題で、どっちが正しいということではないのではないか、とも思ったが…。

 「きれい」

 たまたま語尾が「い」になっているが、形容詞ではなく「きれいだ」「きれいな」という形容動詞の一部であり「嬉しい」「楽しい」などの形容詞ではないのだ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/328-d42f3f2a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。