1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒数3000人

20061010192725.jpg

20061010192737.jpg

20061010192748.jpg


 今日は出身中学のそばを通ったので、写真を撮ってきた。

 僕らが通った頃は、生徒数3千人という、なんだか奇妙なくらいの大人数で、日本一のマンモス中学校として、『中1時代』などの学習雑誌で、たまに紹介されることがあった。

 10月10日といえば、かつては体育の日だったわけで、この日に運動会が開催される学校が多かった。ぼくらが通った頃の城西中学校の運動会は、大人数がゆえに大変だった。学年ごとに、学区内の小学校を借りて行ったり、県営競技場を借りて行われたりと、毎年違う形で開催されていた。毎年うまくいかないので、反省の結果そうなるのだった。
 遠足なんかも、学年が二手に分かれて別な場所に行ったりと、大人数ゆえの不都合がけっこう色々とあった(詳しくは、プロフィールにリンクしてあるエッセイサイトの中の「チロル会音楽部♪ロック青春記」をどうぞ)。

写真上=正門方向から。

写真中=西側の門から。
 現在の生徒数は、600人余と、激減しているため、校舎の半分は取り壊されたが、左に写っている校舎は当時のまま。3年の時の教室はこの中にあった。青春小説に登場するギタリストの末原康志君とか、元ハウンドドッグの鮫島秀樹君などもこの校舎で授業を受けた。
 右側に写っている校舎の3階の窓が開いているが、そこが音楽室。写真を撮っているとき、そこからリコーダーの音色が聞こえていた。末原君らと出会ったのは、この音楽室でのこと。彼の弾くアコースティック・ギターを初めて聴いたのも、ここでのことだ。
写真を撮っているとき、一服するために敷地外に出ている先生がいて、こちらに近寄ってきた。不審尋問を受けそうな気配を感じたので「こんにちは」とこちらから挨拶。
「卒業生なんですよ。Uターンして3年ですが、このあたりが懐かしくてしょうがないんです」
 そんな挨拶から始まって、しばらく立ち話。まだ30歳前後の若い先生で、マンモス校だったころの話は、耳からしか知らず、なかなか想像できないと言っていた。

写真下=東側から見た様子
 かつてはこんな角度から見ることはできなかった。さら地になっている土地には、移転前の鹿児島実業があった。まだ全国的に無名だったころ、エース定岡の活躍で一挙に有名校になったが、その定岡などが通ったころは、まだここに鹿児島実業があった。

 平成5年の水害で、このあたりは水浸しになり、中学校に保管されていた資料などが、全部消失したと聞いた。入学以後ロックに熱中し、学業成績が下降の一途を辿った証拠も、残っていないわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/34-6e6dff1f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。