1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 ピアノを習ったことのある人なら、ブルクミュラーという名をご存知だろうと思う(多くの人は「ブルグミュラー」と3番目の「ク」に濁点の付いた呼び方で覚えているかも知れないが、ドイツ名なので「ブルクミュラー」が正しい。とは言っても、所詮日本訛りの発音ではあるが…)。

 そのブルクミュラーの「25の練習曲」の5番目に「無邪気」というタイトルの曲がある。この曲を知らない人は、どんな曲を思い浮かべるだろう?
 「無邪気」という言葉には、3歳ぐらいの子供が、満面に笑みを浮かべながら、ちょこちょこと走り回っているような、そんなイメージがある。
 たぶん、2拍子か3拍子の、少し速めの跳ねるような明るく楽しい曲が思い浮かぶのではないだろうか? 

 ところが、ブルクミュラーの「無邪気」は、流れるような穏やかな曲想である。
 速度標語は Moderato(中ぐらいの速さで)となっており、曲頭に示された発想標語は grazioso(優雅に、気品を持って)である。  

 「無邪気」
 「中ぐらいの速さ」
 「優雅に」
 
 この3つの概念は、日本語的なイメージでは、ちょっと結びつかない。

 「無邪気」という題の曲を、何で「気品を持って優雅に」弾かなきゃいかんのだ?

 原題は、フランス語の Innocence 。「無邪気」は、その和訳である。
 仏和辞典を引いてみると、Innocence という単語の日本語訳には、「無邪気」の他に、「清廉潔白」、あるいは「無罪」という単語も当てられている。

 つまり、
 Innocence=無邪気 ではなく、
 Innocence>無邪気 というわけだ。
 
 日本語の「無邪気」という言葉は、もともとは「邪気が無い」という意味なのだが、幼い子供に対して使われることが多いことから、イメージが、ある一定方向に限定され、本来の意味とは微妙にズレてきているような気がする。
 そんなわけで、「無邪気」という日本語は、この曲には、すでに相応しくないように思える。

 曲想を考慮に入れると、「きれいな心」あたりが良いのではないだろうか…。


 では、「優雅に。気品を持って」と訳される grazioso について考えてみたいのですが、長くなるので、続きはまた次の機会にて…。


ブルクミュラー25の練習曲 New Edition 解説付ブルクミュラー25の練習曲 New Edition 解説付
(2005/12/15)
春畑 セロリ

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/38-fbfee73b


Powered by FC2 Blog