1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


「浜辺の歌」

20061207081258.jpg


 日本歌曲という分野に特別の思い入れはないが、何曲か好きな歌もある。すぐに思い浮かぶものとして「ふるさと」「赤とんぼ」「小さい秋見つけた」、それから、これはジャンル的には歌謡曲ということになるようだが「遠くへ行きたい」などがある。そんな中で、現時点で最も好きな歌が「浜辺の歌」。なぜか、特別な1曲になっている。

 しかし、この歌に付随した想い出があるわけではない。いつどんな状況で、この歌のことを知ったのかも全く覚えていないが、この歌のたっぷりとしたメロディーと、「風の音よ」という歌詞の部分で聞かれる半音階進行は妙に心をくすぐる。

「浜辺の歌」に惹かれるのは、僕だけの個人的な現象ではないようで、今、手元にこの歌が録音されたものが5種類ある。演奏者は、チェリストのミーシャ・マイスキー、クリーヴランド管弦楽団シンフォニエッタ、歌手のスーザン・オズボーン、ジャズ・シンガー鈴木重子、オカリナ奏者の宗次郎。このように、国境を越えた人気曲となっている。

 作曲者の成田為三には、東北人特有の引っ込み思案なところがあったようだ。残された写真の表情からだけでもそれが伝わってくる。性格的に自己宣伝を好まないところがあって、「浜辺の歌」は作曲してからしばらくそのままになっていたという。日の目を見たのは大正7年(1919) 竹久夢二の装丁による楽譜が出版されてからである。さらに一般に知られるようになったのは、文部省著作中等音楽教科書に採用されてから後のことになる。
 世界的なチェリストやヴォーカリストがこの曲を取り上げるようになる遥か未来の出来事など、作曲者自身、想像すらしていなかっただろう。

 為三の出身地秋田県北秋田市米内沢(旧森吉町)には、彼を記念した「浜辺の歌音楽館」というのがあって、彼のロボットがピアノを弾いてくれるのだそうだ。引っ込み思案だったという当の本人、天国でそのことを一体どう思っているだろう。


  =========================

※書いてから気付きましたが、Uターン後吹上浜の写真を多数撮っていることと、気分的にリンクしているようです。海の無い長野県での20年が、「浜辺の歌」への想いを強くしたのだと思います。そんなわけで、書いたあとで、吹上浜の写真をアップしておきました。

※この歌の出だしが、「峠の我が家」に似ていると感じている方もいらっしゃると思います。スーザン・オズボーンもそんな中の1人らしく、1回だけ間違って、「峠の我が家」と同じ出だしで歌ってしまっています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/51-66996eb3

クリーヴランド管弦楽団について

クリーヴランド管弦楽団クリーヴランド管弦楽団(The Cleveland Orchestra)はアメリカ5大オーケストラの1つ。アメリカ合衆国のオーケストラで最もヨーロッパ的な響きのするオーケストラと認められており、世界屈指のオーケストラの1つである。オハイオ州のクリーヴランドを

Powered by FC2 Blog