1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夜空の星を見上げて、広大な宇宙に思いを馳せる…。
 今が仕事に終われる生活だとしても、これまで生きてきた中には、そんな思い出の1つや2つ残っているのではないだろうか。

 5~6年前、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた映像を編集したDVDを購入、以後たまに取り出しては繰り返し観ている。
 1990年にスペースシャトル・ディスカバリーで打ち上げられ、高度600kmの軌道を回っている宇宙観測衛星。大気に遮られないので、地上では観測不可能な宇宙空間の映像を地上に送信してくる。

 超新星爆発後の様子や誕生前の星々の様子、星の誕生のプロセスで起こる烈しいジェットの流れ、オメガ球状星団、車輪銀河や親子銀河、中心にブラックホールを持つ銀河。まるで抽象画のように美しい。
 ナレーションで淡々と語られるものすごい数字も想像を遥かに超えている。超新星爆発で広がるガスの時速1千万km。数千万光年~1億2千万光年という距離。最も遠い映像は、太陽系が誕生する遥か以前の様子ということになる。

 「それに比べて、自分の人生なんて…」などと子供の頃は思ったものだ。

 (じゃあ今は、そんなことは思わないのね?)

 そうねぇ、時間的空間的尺度だけで価値を測る行為自体が無意味だから…。

 (意味…、人生には意味があるの?)

 その「意味」っていう概念自体が、相対的なものだからねぇ…。
 
 (ふうん…、相対的ねぇ…。なんだかよく解んないや)

 解ろうとするから解らないのさ…。

 (眠くなってきたから、眠ろうかな)

 そうなったら、眠ることにこそ価値がある。今は、「おやすみなさい」が、最高の幸せさ! 


 ところで、僕が持っているのは、シンフォレストから発売されているNHK制作の『ハッブル宇宙望遠鏡』っていうDVDです。今じゃ、もっと新しくてすごいのが出てるんだろうなぁ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/60-7ac05cd2

ハッブル宇宙望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡(-うちゅうぼうえんきょう、''Hubble Space Telescope''、HST)とは地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡である。長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型で、内側に反射望遠鏡を収めている。主鏡の直径2.4メートルのいわば宇宙の

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。