1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画期的発明品

 知り合いが面白いものを見せてくれた。
 見た目は普通のコピー用紙である。特筆事項はコピー機を必要としないこと。コピー元の印刷物とぴったり合わせ、その上から手のひらで押さえていると、そのコピー用紙に、コピーされた黒い図柄や文字が浮かび上がってくるのである。

 「え? なんで? これ、印刷物のインクに反応してるわけ? それだけ微妙なものに反応するんだったら、使用前に白いままで保存されてるのが不思議だよね? 手のひらの熱も化学反応のための必要条件なんだろうか? こんなものができたなんて驚き!」
 「いや、俺もまだこれを知ったばかりでよく分からないんだよ」
 「しかし、反応にちょっと時間がかかるね。これだったら、普通の白黒コピーのほうが早いよ」
 「そう思うでしょう? だけど、いつもデスクにストックしておけば、コピー機までの往復時間や紙、トナーの補充などの手間が省けるし、消費電力の節約など、総合的に見てメリットが多いという実験報告があるんだよ。ただし、複数コピーの場合は別ね。それだとちょっと時間と手間がかかり過ぎ。だから、ほら、商品名は『手軽に一枚コピー用紙』になってる」
 「なるほどね…。だけど、よくこんなものを作れたねぇ。信じられん」

 今朝見た夢である。
 どうも夢のメカニズムというのが分からない。自分の脳内で展開されているので、当然自分で発想しているはずなのだが、こんなコピー用紙の存在など、それまで全く考えたことも無かったし、欲しいとも思わない。完全に夢に裏をかかれている状態なのだが、何でこんなことが起こるのか?
 もしかして、夢の中には、混信電波みたいに外から何かが飛び込んでくるものがある? いやいや、本気でそう考えるわけではないが、そう思いたくなるほど、「他人の発想」的な夢を見ることがある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/71-b4c87d9d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。