1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


おめでた

 ミクシィの鹿児島弁コミュニティに、方言に関する面白い書き込みがありましたので、書いた方にご了承いただき、ご紹介させていただくことにしました。
 書かれたのは大阪在住の主婦の方で、内容は、ご本人と義理のお母様(80歳)との会話。義理のお母様は鹿児島出身で、この10年ほど同居されているそうです。

義母「あたや はんに 頼みがあっと」
私 「え、なんですか?」
義母「そいがな 思い出せんと」

  ~ しばしの間 ~

義母「おめでた!」
私 「誰が? ○○さん?」
義母「うんにゃー。あたいがおめでた」
私 「えーーーっ! お母さんがおめでた? どういうことなん?」
義母「あたや はんから 財布を 買(こ)てもろと思て」
私 「それとおめでたとどんな関係があるの?」
義母「おめでたからよ はんな ふが良かでな 春に ふの良か人から財布を 買てもろたら あたいも 良かと思ちょったとこ」
 
  *** *** *** *** *** *** 

 会話の噛み合わない原因は、「思い出した」が鹿児島弁では「おめでた」と発音されることに因っています。

 鹿児島独特の音便化の1つに、(oi)→(e)があります。

  来い(koi) → け(ke)
  太い(futoi) → ふて(fute)
  樋の口(toinokuchi) → てのくち(tenokuchi)

 これらの例と同様に、「思い(omoi)」は「おめ(ome)」となります。
 「思い出した」の「出した」は、少し違う言い回しで「出た」と表現されるのでしょうか(こちらは僕の仮説です)。
 
 上記の会話を共通語訳すると、次のような感じになります。

義母「私は あなたに お願いがあるんだけど」
私 「え、 何ですか?」
義母「それがねぇ、思い出せないのよ」

   ~ しばしの間 ~

義母「思い出した」
私 「(てっきり『おめでた』だと思って)誰が? ○○さんが?」
義母「いや、私が思い出した」
私 「えぇ~ お義母さんがおめでた!! どういうことなんですか?」
義母「あなたから財布を買ってもらいたいと思ってね」
私 「(勘違いしたまま)それとおめでたとどういう関係があるの?」
義母「思い出したからよ。あんたは福運の付いてる人だからね。春に運の良い人から財布を買ってもらうと、私も良く成ると思っていたところだったのよ」

 しかし、お母さんから「あたいがおめでた」と言われたときには、さぞかし驚いたことでしょうね。


※付記
 今回、鹿児島弁の音便化について調べているうちに、ひとつだけ新たに気付いたことがありました。
 鹿児島では「疲れていてキツイ」という意味の「てそか」という言葉があります。言葉の成り立ちについては知らなかったのですが、「大層だ」が変化したものだということを、本日初めて知りました。

 鹿児島弁には、(ai)→(e)という音便化も存在します。

 貝(kai) → け(ke)
 大根(daikon) → でこん(dekon) 
 大概(taigai) → てげ(tege)  などがその例です。

 この法則にしたがって、大層(taisou)→ てそ(teso)となり、「大層だ」は「てそか」となるわけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/75-5f27260a


Powered by FC2 Blog