1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明晰夢

 夢と気づいて見ている夢のことを「明晰夢」と言うらしい。初めてこれを見たのは、たぶん小学校6年か中学1年か…、まぁ大体そのぐらいの頃だったと思う。初めて見たときは、それが大発見であるかのような大袈裟な気持ちになった。夢の中で「あ、これは僕が見ている夢だよ!」と、大声で告げ、皆が「え?」と驚いてこちらを振り向いたところで目が覚めた。

 その後、ちょくちょく夢の中で夢と気づくことがあり、そういう時は何をするかと言うと、元々眠っている脳が考えるせいなのか、大したことは考え付かない。1番多いのは空を飛ぶ夢。しかし、これは、明晰夢ではない「夢と気付いていない夢」の中でも圧倒的に見る確率が高い。

 7~8年前、飛ぶ夢を連続的に見た時期があって、その頃は空を飛べる「もう1つの世界」が、現実の裏で同時進行しているような気分になったことがある。近頃は、それほど頻繁ではなくなったが、2週間ほど前、空中にふわりと浮かびながら移動する夢を見た。もしかすると、覚えていないだけで、毎夜宙に浮いているのかも知れない。

 飛び方にもいくつか種類があって、スーパーマンみたいに飛んでるときもあれば、幅跳びしたまま、そのまま着地せずに、そのままの姿勢でず~~っと浮いてるのや、体育館のような広い建物の中で、端っこから水泳の飛び込みみたいに身を投げ出し、そのまんまずっと体が浮いたまま、建物の反対側の端に辿り着くというものとか、子供のころは、平泳ぎで空中を泳ぐことがよくあった。

 夢分析に詳しい人は、この「飛ぶ夢」にどういう意味付けをするんだろう? 確か方向性の違う2種類の解釈があったような気がする。「現実に不満があるときに見る」「物事が上手くいっているときに見る」。しかし、僕の場合は、現実が上手く行っていようが、そうでなかろうが、いつでも空を飛んでいるので、その解釈は当てはまらない。

 あ、明晰夢の話じゃなくて、飛ぶ夢の話で止まってるな…。

 えっと、夢と気付いたらすることと言えば、腕をスルスルっと伸ばして、10メートル先にあるものを掴んだり、いきなり目の前に物体を現出させたり、あとは何だろう? よく思い出せないってことは、大したことしてないってことだね。

 1度、理想の女性を作り出そうとしたことがあったが、上手くいかなかった。肩から上だけぼんやりと現れるのだが、それ以上、頑張ってみても体全体に広がっていかなかった。しかし、どんな頑張り方をしたのだろう? 1人の完全な女性が現れるようにと、確かに頑張った記憶はあるのだが・・・? なんか気合を入れて盛んに力んだんだったろうか? 

 この明晰夢、練習すれば、自由自在に夢を操れるようになるというが、真面目に取り組んでみたことはない。何でも、10人に1人は明晰夢を見ているか見る可能性があると、何かで読んだことがある。今夜あたり、もし夢の最中に気付いたら、ブラキオサウルスになった夢でも見てみようかな。

 ところで、この日記を読んだ人のうち何人ぐらいが明晰夢の体験者だろう? こういう話題は、話す側より聞く側に回ったほうが楽しいので、ぜひお聞かせ願いたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/8-928be230


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。