1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどめさあ

 数日振りに晴れたので、プチ・サイクリング。自転車で坂道を下り、そのまま甲突河畔を南下、加治屋町の西郷隆盛生誕地まで行って来た。

20070411220506.jpg

20070411220516.jpg

20070411220527.jpg

 加治屋町は、西郷隆盛、大久保利通、東郷平八郎、山本権兵衛、村田新八その他、幕末から明治に活躍した傑物を多数輩出している。写真の「西郷生誕地」から歩いて回れる範囲内に、大久保、東郷らの生誕記念記念碑がある。

 西郷は写真撮影を嫌い、本物と確定される顔写真が1枚も残されていないのは有名な話。だが、178cm、100kg超という、当時としては群を抜く巨漢で、ご存知、太く濃い繭と大きな眼がトレード・マークだった。身近な人々が使っていた愛称「うどめさあ(うどめ様、うどめさん)」の「うどめ」とは、巨眼の意の鹿児島弁だ。

 いつだったか、誰かに「『めどう』って、『うどめ』の逆さ言葉?」と訊かれて、何の意味だか分からなかったことがある。

 僕がネット上で3年間使い続けている「めどう」は、英単語meadowを平仮名表記したものなのだが、偶然にも、西郷隆盛の愛称を逆さ読みした響きに一致することに、そのとき気付かされた。

 加治屋町は僕の生まれた町でもあるのだが、「材木屋の2階だった」という両親の話以外、確かなことは知らない。

 僕の顔に並んでいる2つの眼は、巨眼とは正反対の控えめな大きさ。

「かの西郷隆盛と同じ町で生まれたんだけど、西郷さんとは違って目はでかくないので、ギョロ眼を意味する彼の愛称を逆さにして使ってるのさ」

 そう言ったとしても、なんだかそれらしく聞こえてしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meadowblog.blog74.fc2.com/tb.php/82-d896ed08


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。