1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昭和40年代前半、僕が小学校6年生だったころの話。我が家は常盤町にあり、僕ら兄妹は、鹿児島市立西田小学校に通っていた。
 妹が小学校に入学して間もない春の土曜日、その妹と同じクラスの女の子が遊びにやって来た。1年生にしては大柄だった妹に比べ一回り体が小さく、おとなしくて人形のような子だった。

 なぜそのことを覚えているかと言うと、

 その女の子に、お兄さんが、付き添ってきたから。


 1年生が1人で歩いて来るのは危ないからということで、お兄さんが付いて来たのである。



 その兄妹が住んでいたのは同じ町内ではなく、我が家までは少し距離があり、お兄さんは、親にそう言われて付いてきたと言っていた。


 そのお兄さんというのが、まだ小学校6年生、つまり自分と同い年だった。クラスが別で、名前も知らなかったが、顔には見覚えがあった。



 学校で何気なく見かけていた男の子。



 その子が、


 妹の保護者として


 突然身近に現れた。



 そんなこと、その頃の自分には、到底できないことだった。



 同い年でありながら、その少年の精神構造が、自分の遠く及ばない領域に達している。


 そう思った。



 妹たちが庭で遊んでいる間、その少年は縁側に越し掛け、静かにその様子を見ていた。


 母が菓子と飲み物を出した。

 小さな声で

「いいです」



 そう言ったきり、手を付けようともしない。

 その姿に、近寄りがたいものを感じた。


 僕は声をかけることもできず、身を隠すように勉強机に向かった。

 でも、心は

 縁側に腰掛けている男の子に向かいっ放しだった。


 母に言われた。

「あの子、偉いよね。ああして妹のために付いてきて、じっと見守ってるって、いいお兄さんだよね」

「そう思う。僕にはそんなこと できないよ」

「あんた同じ年なんだから、一緒に遊んであげなさいよ。ただ待ってるだけで、可哀想だと思わない?」

「……」




 当時「庭球」と呼んでいたミニ・テニスをしたことを覚えているが、

 その男の子に対して、気楽に話し掛けられないまま、言葉少なめにそのゲームを続け、それでも何となく嬉しかったことを覚えている。


 名前は…、確か平木君だったと思う。


 その平木君と、6年後期のクラブ活動で再会することになる。

 ソフトボール部。そのクラブで、なんとバッテリーを組むことになるのである。僕のポジションはキャッチャーだったが、望んでそうなったのではなく、外れ籤を引いた結果だった。

 クラブは、2つのチームに分けられ、毎週水曜日に対戦した。僕は、キャッチャーというポジションに、これといった目標も無く就いていた。

 そのうち、自分の欠点に気づいた。目の前でバットを振られると、条件反射的に、目を閉じてしまうのである。その結果が捕球ミス。

 始めのうちは、自分だけが気づいていたが、ほどなく相手も気付いた。

 振り逃げの連続となった。

 相手チームの4番打者は野崎君という好打者で、打席に入るといつも初球を外野の後方まで飛ばした。いつも、大量得点差で、こちらが負ける。

 そんな状況に嫌気がさしたチームメイトから

 「ちゃんと取ってよ」

 と、当然過ぎるクレームを浴びるようになっていた。

 そんな状況にあったある日のこと、次打者が強打の野崎君というとき、ホームでミットを構えている僕のそばに、ピッチャーの平木君が歩み寄って来た。

 「速い球を投げるから、しっかり取ってね」
 
 そう言われたときには、まだその意味がよく分からなかったのだが、投球フォームに入った平木君の右腕からは、それまでとは桁違いのスピード・ボールが放たれた。
 
 野崎君のバットは空を切った。

 突然のスピード・ボールに、僕はただ受けるだけで精一杯。バットの振りを感じる余裕さえなかった。

 以後、僕は、バットを振られても眼をつぶらなくなった。


 「すごいね。どうしてこんな球を投げられるようになったの?」

 「練習したからね」

 そんな単純な会話しかなかった。

 その後、平木君がスピード・ボールを放ったのは、4番打者の野崎君に対してだけで、他の打者には、それまでと同じく打ちやすいボールを放っていた。


 奥行きのある子だった。



 今ごろどうしてるかなぁ…。

湖の底

20070607121627.jpg



 長野県上田市から坂城町へと向かう県道77号線の西側に、半過岩鼻と呼ばれる切り立った大岸壁が聳えている。その崖の上からは、千曲川の流れとその周囲に広がる上田市全域、そして坂城町方面が見渡せ、大正10年に日本百景の一つに選ばれている。その記念に作られたのが千曲公園で、上田に住んでいた頃、よく車を走らせては、ここからの眺めを楽しんだ。

続きを読む »

新照院の柴田君

 小学校1年生のとき、柴田君という同級生がいた。席がそばになったこともなく、一緒に遊んだことは少なかったと思う。少し細身でやや釣り目。やんちゃ坊主で、よく先生に怒られていたようなイメージがある。

 その柴田君、新照院という町から通学していた。なぜそんなことを覚えているかというと、新照院は通っていた鹿児島市立西田小学校の校区ではないのだ。何か特殊な事情があったことは確かなのだが、そこから先の記憶が定かではない。母親が入院している間だけ、新照院にある親戚の家に預かって貰っていたとか、そんなことだったような気がする。

続きを読む »

鹿児島と青森

 小学校3~4年のときの担任の先生は、少し変わった先生だった。分裂気質で機嫌の良し悪しの差が激しかったが、着眼点が面白かった。

 「闇雲に努力してもしょうがない。怠けることも大事なんだぞ。怠けるために工夫をするから、発明につながる」

 「準備だけ一生懸命にやってもダメなんだ。細工は隆々、仕上げは失敗、ではしょうがない。石橋を叩いて渡るというが、叩いてばかりじゃ意味が無い。最後は渡る勇気が必要だ」

 などと、ちょっと捻った言い方をするのが好きだった。

続きを読む »

 まだ30代そこそこだったころの話。僕は、その頃、長野県上田市のある町で、1人暮らしをしていた。
 静かな平日の午前中、ピアノの練習をしていると、玄関のドアをノックする音が聞こえた。普段その時間に訪ねてくるのは、回覧板を持ったお隣さんか音楽教室の営業の方、そうでなければ、ごくたまに飛び込みのセールスが来るぐらいのものである。

 ドアを開けると、警察官の制服を着た体格の良い男が立っていた。こちらに目をくれず、左手に書類を挟んだボードを持ち、そこに何やら書き込んでいる。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。