fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

TOP PAGE


Web 検索


ブログ内検索


写真をクリックすると、掲載記事に移動します


最近の記事


Google Adsense


月別アーカイヴ


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


Google adsense


 天文館某所で待ち合わせて、高校の同期生S君・K君と久々に会った。

 S君とは、鹿児島にUターンした頃連絡を取り、以後数回会っている。

 Uターン直後にS君と再会したときは、20年を経て互いに変貌していたため、ぱっと見で相手を判断できず、何度もすれ違い、待ち合わせ地点付近をしばらく右往左往して、ようやく互いを確認できた。大笑である。

 今回は、このS君に間を取り持ってもらって、現在歯科技工士をしているK君と30年振りに会うわけで、記憶の中にある彼の姿は20代の若者のままで留まっている。還暦近くなった今、どんな姿になっているのか…。

 そんなことを思いつつ、約束の夕方6時より5分ほど前に待ち合わせ場所に到着した。辺りをキョロキョロしてみると、人待ちらしき人が何人かいて、その中には、どことなくK君に似た感じの人もいたので、声をかけてみようかとも思ったが、

 「待てよ」

 一瞬思いとどまった。

 真っ黒に日焼けした若者っぽいファッションに身を包んだ彼は、30代後半くらいだ。これはどう考えても他人のそら似。

 鹿児島の青い空から降り注ぐ紫外線と猛烈な暑さを避け、空調の効いたビルの中にはいり、玄関のガラス越しに外の様子を見ながら、6時を待つことにした。

 約束の時間を3分過ぎた頃、S君の携帯を鳴らしてみると、電話に出た直後にビルの中に入ってきた。続いて現れたのは、なんとさっき見かけた若者! 

 10年前にS君を見紛ったのは、肥大化して想像以上にオッサンになっていたためだったのだが、K君の場合は、その真逆!
 いやぁ…、まぁ見た目だけのことではありますが、いろんな年のとりかたがあるもんですねぇ(笑)

 相手をすぐに認識できなかったのはお互い様で、僕もそれなりに変貌しているからなのだが、これは僕の目線で書いているので、その点については、棚に上げておきます。 

 この夜は、まずS君行きつけの居酒屋『分家無邪気』に行き、ビールと焼き鳥を楽しんだ。
 この『分家無邪気』、天文館の北エリアにある店だが、白熊で有名な『天文館むじゃき』の「分家」なのかと思いきや、ルーツは全く別。
 ※(「分家無邪気」と「天文館むじゃき」)で検索すると、そのあたりの事情が詳しくわかります。


 その次に足を運んだのが、僕がリピートしている『ジパング』っていう三姉妹で運営しているお店。
 パブなのかな? ラウンジとかスナックとかいろんな呼称があるけど、検索してみても、どうも定義が曖昧みたい。
 この店を気に入っている理由は、雰囲気が良くて、いつも気楽に楽しく過ごせること。女性として三人三様の魅力があり、そこに加えて下の二人は大のお喋り好きで、こちらを退屈させない。褒め上手なので、行く度に良い気分にさせられる。
 入口から入ってくるお客を見ていると、皆が一番の得意客みたいな表情で楽しそうに入ってくる。たぶん「大切にされている」っていう思いがあるんだろうね。まだお付き合いの長くない僕にしても、すでにそうだし(笑)

 この夜は、S君もK君も楽しげでした。とくにS君は、ジャズ、ロック、ポップス、国内外、時代を問わず、幅広い音楽事情に精通する「音楽オタク振り」を発揮し、はじけまくってましたねぇ。
 
 

   Zipang ジパング
   鹿児島市山之口町10-8 大和ビル 4F
   電車通りから文化通りを南下し、最初の交差点を右折、そのまま真っ直ぐ進んで左手にあります。

 なかなか発見できなかった場合、お店に電話してみてください。
     099-223-6056



 その後向かったのがラーメン屋『まる錦 桃源』。

 出汁や食材にこだわったバランスの良い味が好きで、個人的には天文館でこれまで食べたベスト3に入る。
 この店と『ふくまん』『元斗好軒』、以上が、現在の同率一位。

 味の好みって時とともに変わるし、未体験のおいしい店も随時加わってくるわけで、「天文館ラーメンマップ」も次第に塗り替えられて行くんだけどね…。

 で、お腹も満足したあと三人は幸せな気分で解散したのでありました。

 ところで、K君の日焼けと若者のようなファッションの理由は、サーフィンだということがわかった。鹿児島県内や宮崎など、あちこちに出向いているということ。高校時代のおとなしかった彼からは、こういうアウトドアな活動は想像できなかったなぁ。

 旧友のこういう細かい近況を知ることができるのも、故郷に住む良さのひとつだよね。
 昨日、大工園(だいくぞの)さんという方に会った。

 三文字であること、末尾が「園」であることなど鹿児島らしい苗字として記憶にはとどまっていたが、少数苗字なので、実際にそういう苗字の方と会ったのは初めてのことだった。

 Uターンして以来、鹿児島独特の個性的な苗字に興味を持ち、あれこれと調べているうちに、数多くの珍名や希少苗字があることを知るに至った。

 実際、鹿児島で暮らしていると、そういった苗字を名乗る人と実際に出会うこともあって、そんなときにはちょっと不思議な喜びを感じてしまう。

 南薩地方に位置する枕崎出身の大工園さん。しばしの苗字談義をしているうちに、さらなる超希少苗字を知ることとなった。

 「牟田神東(むたがみひがし)」さん。

 へぇ~~! こんな苗字もあるの!?

 びっくり!

調べてみると、「牟田神西」さんもいらっしゃることが判明。




 苗字に対する興味は常に失せることはなく、スーパーやコンビニの店員さんが付けている名札を見ることも習慣化している。

 「ほこたて」というひらがな表記を見かけた。


 「珍しい名前ですね。どんな字を書くんですか?」

 「『ほこ』は、金偏に「む」です」

 「え? 『む』って?」

 「カタカナの『ム』です」

 「へ~~! そんな字があるなんて、知らなかったよ。やっぱ訊いてみるもんだねぇ。」

 

 
 帰宅後、検索してみたのだが、金偏に「ム」という字は、見つからなかった。

 そんな字は、たぶん存在しない。

 ここからは、想像の域を出ないのだが、その昔、「ほこたて」さんのご先祖様が、「鉾(ほこ)」という画数の多い文字を面倒がり、日常的に「牛」を省略することが常となり、役場にもそのまま登録してしまった。
 その結果、知られざる超珍名が誕生したのではないか…。

 

 苗字に関するエピソードをもう一つ。

 同じく「店員さんの名札」。

 「はなばた」

 七夕みないな響きだと思った。

 「研修中」の札を下げた十代の少女。

 「どんな字を書くの?」

 「花畑(はなばたけ)です」

 にっこりと微笑みながら、弾むように答えた高く細いその声は、まさしく「花畑」のイメージそのもので、こちらもつられて笑ってしまった。

 この苗字、自分でも気に入っているんだろうなぁ・・・。

 瞬間、ちょっと癒されましたね。

=== === === === === === ===



















父と城山展望台へ

「どこかドライブに行こう」

 父がそう言うので、近間で城山展望台に行くことにした。

 駐車場から展望台までの間に上り坂があるのがちょっと気になったが、大した距離ではないのでなんとかなるかな…、と思った。

 ヨチヨチと歩く父。

 途中、売店が並ぶ辺りで、休みたいと言い出した。

 売店列の一番奥にベンチが置いてあるので、そこまでは頑張ってもらうことにした。

 ベンチに父を残し、近くの自販機まで戻ってお茶を買い、二人並んで飲みながら約20分。

 「さて行こうか!」

 歩きだしたものの、坂道に阻まれ3メートルほどで引き返してきた。


 残念がっていると、売店のおばちゃんが、貸出用の車椅子が準備してあることを教えてくれた。

 ラッキー!

 エッチラオッチラ、車椅子を押しながら展望台に到着。

 本日日曜日につき、観光案内のボランティアさんが何人かいたので、そのうち二人の方と30分ぐらいお喋りしてきた。

 「いい散歩になったよ」

 そう言って父も喜んでくれた。

 87才の春、人生初の車椅子体験であった。

桜島 (50% 切取り シャープ6))

=== === === === === === ===












=== === === === === === ===
 火山灰が成分として使われている石鹸が何種類か出回っている。

 その中のひとつを広告で初めて知った瞬間、

 「桜島の火山灰をどうやって集めたんだろう?」

 と思ってしまった。


 だが、文面をよく見ると、原料は「桜島から降ってきた火山灰」ではなく、「シラス」だった。


 シラスのことを「桜島の火山灰が降り積もってできた」と思っている人もいるようだが、じつはそうではない。

 シラスの層は数十メートル以上、なかには100メートルを超えるものもある。

 こういった巨大なシラスの層は、人類が経験したことのない超巨大噴火により、ほぼ一瞬にして形成されたのである。

 姶良カルデラができたときのことであり、まだ桜島は無かった。

 だから、桜島にはシラスはほとんど見られない。

 錦江湾の桜島以北にあたる「姶良カルデラ」が出来たのは、約2万9千年前のこと。桜島はその南端で、2万6千年前に誕生した。

 その頃の桜島は、現在のような台形の山ではなく、北岳だけの円錐形の山だった。

PIC_0007 (35%)エッジ+3%

 桜島を この角度から見ると分かりやすい(写真をクリックして拡大して見てくださいませ)。右側の奥まっている部分が、その後の新たな火山活動で現れた南岳。

 北岳の形成とは時差が大きく、南岳が出現したのは、4500年前のこと。双子のように見えても、じつは、2万年以上も隔てた難産の末の兄弟なのだ。



 ところで


 「つかってみんしゃい」


  ↑ これ、鹿児島弁だと思ってしまってる人、けっこういるんじゃないですか?

 ちがうんですけどねぇ・・・

=== === === === === === ===
























 鹿児島市の繁華街「天文館商店街」のアーケード内に、このようなクリスマスツリーが飾られています。

天文館のクリスマスツリー

 金色の札が沢山!

01b クリスマスツリー (40%)

 近寄ってよく見ると

02 短冊 (40%)

 様々な願いごとが書き込まれていて

03 短冊 (40%)

 まるで七夕飾りのよう

04 短冊 (40%)

 僕は知らなかったんだけど、ここでは毎年このようなツリーが飾られるのだそうです。

天文館のクリスマスツリー













 



==== ==== ==== ==== ====

Powered by FC2 Blog